編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

グーグル、研究者の「Google Cloud Platform」利用を支援

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-05-01 10:43

 Googleが「Google Cloud Platform」を利用したい研究者を対象に新しいプログラムを立ち上げた。

 Googleが米国時間4月26日に述べたところによると、クラウド技術の利用を通して、学術研究の速度と効率性、セキュリティを高め、コストを下げることが可能になる。同社はこの技術を利用する研究者を支援したい考えだ。

 「Google Cloud Platform」(GCP)研究クレジットと呼ばれるこの新しいプログラムを利用することで、研究者はクラウド上のデータストレージ、アナリティクス、および機械学習機能を活用できる、と同社はブログ投稿で述べた

 「新しいアイデアに着手しようとしている研究者でも、未発表の研究成果を実証しようとしている研究者でもいい。われわれは、それらの研究者が新たな発見を発展させるのを支援したいと考えている」(Google)

 研究者らは既にGoogle Cloud Platformを研究に利用している。米マサチューセッツ工科大学(MIT)はGCPを数学的研究に活用しており、コロンビア大学のラモントドハティ地球観測所はGCPを通して気候科学データセットを管理するためのオープンソースプラットフォームを開発した。

 プログラムへの応募資格があるのは、米国内の認定学術機関の研究者、または英国やオーストリア、ドイツ、イタリア、フランス、デンマーク、スウェーデンなど対象国の学位授与機関の研究者となっている(現時点で日本は対象外)。

 Googleは今後、このプログラムをより多くの国に拡大したいと考えている。

 プログラムで付与されるGCPクレジットは、ストレージやコンピュート、データ分析などの要素に関連するGoogle Cloud Platform上のコンピューティング研究およびサービスに使用できる。これらのクレジットがほかの目的(例えば、仮想通貨マイニング)に使われた場合、Googleは同プログラムへの参加を無効にすることができる。

 研究者は5000ドル(約55万円)相当のGCPクレジットを付与されるが、追加のクレジットを申請することも可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]