編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Google Cloud PlatformでNVIDIA「Tesla V100」GPUをベータ提供

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-05-01 10:20

 Googleは米国時間4月30日、「Google Cloud Platform」の処理能力強化に向け、GPUポートフォリオの拡大を発表した。「Google Compute Engine」上と「Google Kubernetes Engine」上で「NVIDIA Tesla V100」のベータ版提供を開始するとともに、「NVIDIA Tesla P100」の一般提供を開始した。

 Tesla V100は単一のGPUでCPU 100個分の性能を有しているため、機械学習(ML)やアナリティクス、動画処理といった、高い計算能力を必要とするアプリケーションを取り扱う際のパフォーマンス向上が顧客にもたらされる。

 新たに提供されたTesla V100 GPUモデルでは、最大8基のTesla V100を選択することで、単一仮想マシン(VM)上で96個のvCPUと624Gバイトのシステムメモリが利用できる。またGoogleによると、相互接続技術「NVLink」の採用によりGPU間の通信帯域幅が最大300Gバイト/秒となるため、深層学習(DL)や高性能計算(HPC)といったワークロードが最大40%高速化されるという。同モデルは現在、米国のオレゴン(us-west1)とアイオワ(us-central1)、そしてオランダのエームスハーヴェン(europe-west4)リージョンで利用可能となっている。

 一方、Tesla P100 GPUモデルでは、最大4基のTesla P100を選択することで、単一VM上で96個のvCPUと624Gバイトのシステムメモリが利用できる。同モデルの提供リージョンは、ベータ版が提供されていた米国のオレゴン(us-west1)とアイオワ(us-central1)、サウスカロライナ(us-east1)、ベルギー(europe-west1)、台湾(asia-east1)に加えて、今回新たにオランダのエームスハーヴェン(europe-west4)が追加となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]