編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

マイクロソフト、「Office 2019 Commercial Preview」リリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-05-01 14:01

 Microsoftは米国時間4月27日、x86ベースのWindows向けに「Office 2019」のクライアントアプリケーションのプレビュー版を提供開始した。ボリュームライセンスの顧客のみが対象となる。

Office 2019
提供:Microsoft

 2018年下半期にリリース予定のOffice 2019は、「Office 2016」の後継版となる。 Office 2019は「Windows 10」のみで稼働し、「Windows 7」と「Windows 8.1」では利用できない。サーバアプリケーションの場合、「Windows Server 2019」で稼働する。

 「Office 2019 Commercial Preview」プログラムには、Win32版の「Word」「Excel」「PowerPoint」「Outlook」「OneNote」「Publisher」「Access」「Project」「Visio」が含まれる。また同社幹部によると、「Exchange 2019」「SharePoint 2019」「Project Server 2019」「Skype for Business 2019」など、Office 2019のサーバアプリケーションのプレビューは、「今後数カ月の間に」利用可能になる。同様に、Mac向けのOffice 2019 Commercial Previewプログラムも、「今後数カ月の間に」提供される見通しだ。

 筆者はMicrosoftに対し、Office 2019のプレビュープログラムを消費者と非ボリュームライセンスの顧客に提供する意向や予定について尋ねた。Microsoftの担当者は、Office 2019のコンシューマープレビューは提供しないが、「Office 2019の一般提供が開始されれば、顧客は購入可能になる」と述べた。

 Office 2019はMicrosoftが「永続版」リリースと呼ぶもので、サブスクリプション版とは異なる。

 MicrosoftはOffice 2019のプレビュー登録ページで、次のように強調している。「このプレビュープログラムは、Office 365サブスクリプションプランの一環として、Officeを導入する計画の組織、あるいは導入済みの組織を対象としたプログラムではない。Office 365で提供しているOfficeアプリケーションはすでに、Office 2019の永続版(ボリュームライセンス)で利用可能になる全機能を備えている」

 同社の「よくある質問(FAQ)」ページには、Office 2019のデスクトップアプリケーションの新機能が記載されている。Outlook 2019は、Office 365グループに対応し、受信ボックスを向上させ、連絡先カードのアップデートを行った。「Excel 2019」は、Excelから「Power BI」へのパブリッシュが可能になったほか、「PowerPivot」と「Power Query」などの機能を強化した。「PowerPoint 2019」はアイコン、SVG、3D画像の管理が行える。「Word 2019」は、学習ツールなどが強化されている。

 「Office 2019 Commercial Preview」プログラムに参加するには、「Microsoft Collaborate」のポータルから登録する必要がある(Collaborateは、「Microsoft Connect」が移行されたものだ)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]