編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

Facebook情報不正流用疑惑のCambridge Analyticaが廃業

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-05-03 09:39

 Facebookのデータを不正流用していたとされる英国の政治コンサルティング会社Cambridge Analyticaが、現地時間5月2日をもって廃業すると発表した。米国と英国で破産手続きに入るという。

 同社はプレスリリースの中で、「メディアの報道で厳しく攻撃されたことにより、事実上全ての顧客とサプライヤーを失った。その結果、事業を継続することはもはや不可能だと判断するに至った。Cambridge Analyticaには破産申請する以外の現実的な選択肢は残されていない」としている。同社はこれまで、不正行為を否定してきた。

 Cambridge Analyticaと親会社のSCL Groupはいずれもコメントの依頼にすぐには応じなかった。

 Facebookの広報担当者は「このことによって、何が起きたのかを正確に把握し、2度と起こらないようにすることに対する当社の責任と決意が変わることはない。当社は関連当局と協力して調査を継続していく」とコメントした。

Cambridge Analytica
提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]