Dell Technologies World

データアナリティクスは製品、人、プロセス、ビジネスを変えるーーMcLarenのCOO

末岡洋子 2018年05月07日 08時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1で知られるMcLaren Technology Group、”コネクテッドカー”という言葉が登場する前からF1のレーシングカーはセンサを装着しており、データを分析してきた。長期的には自社の事業は「テクノロジービジネス」と見ており、これまで培った技術やノウハウを提供するビジネスモデルを作っている。

 Dell Technologiesが5月3日まで米ラスベガスで開催した年次イベント「Dell Technologies World 2018」で、McLaren Technology Groupの最高執行責任者(COO)、Jonathan Neale氏がデータの取り組みを中心に語った。


McLaren Technology GroupのJonathan 氏(左)とDell TechnologiesのJeff Clarke氏(右)

「我々はレーサー」――自社のコアを語る

 McLarenとDell Technologiesは2月初め、Dell TechnologiesがMcLarenのテクノロジーパートナーとなることで合意したことを発表した。McLarenは既にDellのPC、サーバを導入していたが、今回の提携により、Dellは車のデザイン、製造、オペレーションとさまざまな領域で技術を提供することになっている。同時に、DellのロゴがMcLarenのF1レーシングカーやドライバーのウェアに配置される。

 Dell Technologiesのバイスチェアマンでプロダクトとオペレーションを担当するJeff Clarke氏の基調講演にゲストとして招かれたNeale氏は、McLarenにはF1、それにスポーツカー、Applied Technologyの3種類のビジネスがあると説明する。「中核にあるのは、McLarenはレーサーであるということ。これが組織の血統となっている」とNeale氏はいう。

 テーマであるデータの取り組みについて、Neale氏は、多数のセンサを利用してレース、車や製品の開発などに役立てていると述べる。「データをクラウドに保存し、それを取り出して再利用している。土台には、シミュレーションとアナリティクスのための技術を構築している」とNeale氏。

データアナリティクスが変えたこと

 データアナリティクスは、製品、プロセス、人、ビジネスの4つの側面を変えていると語る。

 製品では、Naele氏がMcLarenに入った約20年前と比較すると、レーシング関連の製品は大きく変化しているという。「大規模なセンサーペイロードがある」とNaele氏、データはマシンからリアルタイムで毎秒4ビットで送られ(規制により、利用できる帯域に制限があるとのこと)、1万7000以上のパラメータを使って分析する。このうち約200のパラメータはリアルタイムでデータを測定し、残りはその後に処理する。ドライバー、エンジニア、メカニクス担当などはそれぞれの受け持つ分野をリアルタイムでモニタリングしており、意思決定を行うのに必要なデータが流れる分散型の意思決定システムを構築している。

 Neale氏はこれを「(緊急度に合わせて優先的に対応する)トリアージ」に例える。「重要な意思決定を1分~1分半でしなければならない。フラッグやアラートが本物なのか、エンジニアリングのレベルなのか、上位の意思決定レベルに上げるのかを決定する必要がある」とNeale氏、スピードはさらに早くなっており、「中央のコマンドセンターからビジネスをするという時代は終わった。分散型意思決定のために、データを動かし、担当者がリアルタイムで重要な意思決定をしている」と続ける。その結果、McLarenのビジネス、それにビジネスモデルは変わったと述べる。

 プロセスでは、車のコンセプト、デザイン、製造と6~8週間でリニアに進めるプロセスだったが、「クローズドなループではなかった」という。車のパーツは約1万3500種類にも及び、エンジニア工程での変更のために毎週5000ものパーツが必要だったとNeale氏。同社は過去5年で4~5億ドルをシャーシとエンジニアリングの研究開発に投資したという。

 現在は「リニアではなく、チーム全体がリアルタイムで動いている」という。リアルタイムの製品エンジニアリングだ。例えば約20年前には、製品に入れるパーツのうち80%がドライバーによる評価を受けていた。ドライバーの判断が正しいことを信じるしかなかったが、現在はエンジニアがパーツを評価でき、95~96%の成功率に達しているという。

 人の変化も大きい。以前は経験あるレースエンジニアと言われるまでに30年と言われていたが、現在は多くの意思決定にAIを導入しているとのことだ。少し前まで意思決定に重要な役割を任されていたデータアナリストは現在、データが不完全、時間がないなどの時にデータを利用した意思決定を支援しているという。

 このような変化を説明しながら、「(データ主導となることで)ビジネストランスフォーメーションになっている」とNeale氏はいう。

 McLarenはF1を通じてセンサ、エッジコンピューティング、テレメトリ、データディストリビューション、データの安全・暗号化などの専門知識を蓄積してきた。今後はこれを他の分野にも活用する。

 スポーツカー事業の成功についても、「自分たちの技術を適切に使っているから市場に受け入れられた。我々のコミットはモデリングとシミュレーション。問題解決に多くの時間を割いている」とNeale氏はいう。

 他の事業にもノウハウを応用する。既に英国では子供病院でテレメトリと動画システムを使って、病院に運ばれる途中での処置や対応を支援する仕組みを開発しているという。また、自動運転カーについても、自動運転カーそのものではなく、ベースとなる安全のためのソフトウェアセンサ、アクチュエータなどの技術供給の可能性を見ているとのことだ。

 Neale氏は長期的な自社の姿として、「われわれのビジネスはテクノロジ事業だと考えている。市場の変化に合わせて技術を提供する」と述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]