編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
調査

改善したいテクノロジ人材のスキル、トップは「リーダーシップ」--ガートナー調査

NO BUDGET

2018-05-07 11:13

 ガートナー ジャパンが先頃発表したテクノロジ人材に関する最新の調査結果によると、企業が改善したいテクノロジ人材のスキルのトップは「リーダーシップ」であることが明らかになった。


IT組織において改善したい人材のスキル、出典:ガートナー/調査:2018年2月 (n=515、日本)

 今回の調査は、国内の、特にITインフラストラクチャに関わるマネジャー向けのアンケートを通して、さまざまなITのニーズや課題を分析することを目的に実施したもの。全国の従業員数500人以上の企業を対象にし、有効回答数は515件。

 ガートナーでは、リーダーシップを取る人材が不足している企業は、「決められない」「推進できない」「調整が行われない」「方向が定まらない」「将来が描けない」といった課題を抱えている可能性があるとしている。そして、強いリーダーシップを持つ人材やテクノロジエンジニアには、ハイスキル・ハイリターンの原則を適用するなど、人事制度上の見直しも必要になるとした。

 また、人材育成上の懸念や困っていることについても尋ねたところ、「技術変化に対応できるトレーニングが整備されていない」がトップだった。


人材育成上の懸念や困っていること、出典:ガートナー/調査:2018年2月 (n=515、日本)

 これに対してガートナーでは、ユーザー企業において、クラウドや人工知能(AI)といった領域に関わるスタッフを一人前の人材に育てるには、3年程度はかかるといったことを例に挙げ、企業は「人・時間・予算」の余剰を確保し、それらを次のビジネスにつながる人材投資に回す取り組みを加速させていく必要があるとした。また、個々人の役割やゴール、彼らに求める期待値とともに、KPI(主要パフォーマンス指標)を明確な形で導入するといった施策も必要だと指摘している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]