編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

英当局、Cambridge Analyticaに米国人への情報開示を命令

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-05-07 11:38

 先ごろ話題となったFacebookのデータ不正流用に関係した英企業Cambridge Analyticaは、どのようなデータを保有し、どのように利用していたか、ある米国市民に対して説明するよう迫られそうだ。そして、それには英国の規制当局の力が必要だった。


提供:Getty Images

 その過程で、他の大勢の米国民にも、自分のデータに関する情報を要求できる道が開けるかもしれない。

 英情報コミッショナー事務局(ICO)は現地時間5月4日、ロンドンを拠点とするCambridge Analyticaの親会社SCL Elections Limitedに対して、30日以内に米国のある大学准教授に情報を提供するよう命じた。情報を提供しなければ刑事訴追を受ける可能性がある。提供される情報には、この准教授に関して保有しているデータのコピーとその出所、共有した相手、利用方法が含まれる。

 ICOの命令は、英国のデータ保護法に基いてニューヨークのパーソンズ美術大学のDavid Carroll准教授が申請した「個人情報の開示請求」(SAR)によるものだ。SARを利用すれば、個人情報を保有または利用、共有する企業にコンピュータの記録と関連情報を要求できる

 ICOのElizabeth Denham局長は、声明で次のように述べている。「企業が保有する個人情報に対する請求権は、データ保護法の礎だ。Cambridge Analyticaがどのような個人データを保有し、それをどう分析したか、Carroll准教授らが知ることは重要だ」

 Cambridge Analytica問題は、米大統領選挙と、不適切に共有された米国の大勢のFacebookユーザーに関するデータに、大きく関係していた。だが、米国ではCambridge Analyticaはペーパーカンパニーにすぎず、法的措置の有効性が減じる恐れがあるため、英国での法廷闘争を仕掛けることにした、とCarroll准教授の代理人は声明で述べている。また、米国のデータ保護法は英国のものほど厳しくないとも指摘した。

 ICOがCarroll准教授の開示請求を支持したことは、知らないうちに自分のデータが共有された他の大勢のFacebookユーザーも、Cambridge Analyticaに対して情報開示請求ができる可能性があることを示している。

 Cambridge Analyticaの親会社であるSCL Electionsは、30日以内ならICOの命令に異議を申し立てることができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]