編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
Microsoft Build

エッジAI向けの新Kinectが登場--「Project Kinect for Azure」

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-05-08 09:24

 Microsoftは米国時間5月7日から開催中の「Build 2018」で開発者向けの新しい技術を発表しているが、その中に1つ、ゲーマーに特になじみ深いものがあった。

 「Project Kinect for Azure」で「Kinect」が復活した。今回は、ソフトウェアや人工知能(AI)の開発者が対象だ。「Azure」はMicrosoftのクラウドコンピューティングプラットフォーム。同社によると、新しいKinectはエッジAI向けに設計され、次世代深度カメラなどの複数のセンサにオンボードのコンピュータハードウェアを組み合わせたパッケージになるという。

Kinect for Azure
新しいKinect for Azureセンサ
提供:Microsoft

 Kinectブランドが誕生したのは、ゲーム機「Xbox 360」用のモーションおよび音声制御システムとして発売された2010年のことだ。特にゲーマー向けというわけではなかったが、2012年には「Windows」版である「Kinect for Windows」が発売された。ゲーム機「Xbox One」が2013年に発売されたときには、Kinectのアップグレード版が搭載された。

 しかし、Kinectは段階的に提供が終了した。Windows版は2015年、初代Xbox 360版は2016年、Xbox One版は2017年に販売が終了している。

 今回、そのKinectが戻ってきた。「Project Kinect for Azureは、アンビエントインテリジェンスに取り組む開発者に対する新しいシナリオに活力を与える」とMicrosoftは述べている。「Microsoftの業界を定義するToF(Time of Flight)センサにその他のすべてのセンサを組み合わせて、電力効率の高い小さなフォームファクタに収めたProject Kinect for Azureは、Azure AIの豊富な能力を活用して、洞察と操作を劇的に改善する」(Microsoft)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. windows-server

    伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書

  2. コミュニケーション

    在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例

  3. 運用管理

    3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説

  4. 運用管理

    3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?

  5. 仮想化

    なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]