編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

マイクロソフトとレッドハット、「Azure」でマネージド「OpenShift」サービス提供へ

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-05-09 12:30

 Red Hatが米サンフランシスコで米国時間5月7日より開催している「Red Hat Summit」で、Red HatMicrosoftはRed HatのKubernetesなどのコンテナオーケストレーションプラットフォーム「OpenShift」をMicrosoftのパブリッククラウド「Microsoft Azure」上で提供することを発表した。初のパブリッククラウドでの共同マネージドOpenShiftサービスを実現するという。

 「Red Hat OpenShift on Azure」はフルマネージドのサービスだ。

 顧客や市場の需要に迅速に対応するにあたって、コンテナ化されたアプリケーションとKubernetesを利用する企業が増えている。Gartnerは、2020年には世界の組織の50%がコンテナ化されたアプリケーションを本番環境で実行するようになると予想している。現在は20%だという。

 一方で、これらの新しいコンテナすべてを管理するDockerとKubernetesの専門家の数は十分ではない。ユーザーはこれらのアプリケーションを、パブリッククラウドとオンプレミスで容易にオーケストレーションし、管理するソリューションを必要としている。Red Hat OpenShift on Azureは、コンテナ管理にまつわる複雑さを低減するものとなる。MicrosoftとRed Hatは共同顧客向けにハイブリッドコンテナワークフローの優先サービスとして、共同でソリューションを管理し、サポートも両社から提供する。

 フルマネージドのサービスという点に加えて、Red Hat OpenShift on Azureは企業の開発者に次のメリットをもたらす。

  • 柔軟性:OpenShiftを利用し、オンプレミス環境とAzureの間で自由にアプリケーションを動かすことが可能になり、ハイブリッドクラウドで一貫性のあるコンテナプラットフォームを提供する。
  • スピード:AzureとオンプレミスのOpenShiftクラスタの間をハイブリッドネットワーキングで高速にコネクトし、セキュリティも強化できる。
  • 生産性:「Azure Cosmos DB」「Azure Machine Learning」「Azure SQL DB」などのAzureサービスにアクセスでき、開発者の生産性を向上できる。

 Red Hat OpenShift on Azureは、数カ月中にプレビューで提供される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]