編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

富士通、マネージドセキュリティサービスを拡充--ダークウェブの脅威情報など提供

NO BUDGET

2018-05-11 07:10

 富士通は5月9日、「FUJITSU Security Solution グローバルマネージドセキュリティサービス」を拡充し、エンドポイントやクラウドにおけるセキュリティ強化、ダークウェブの脅威情報分析機能などを盛り込むと発表した。

 エンドポイントでは、クラウド型エンドポイント侵害検知・対処(EDR)製品「Cybereason EDR」を活用し、富士通のセキュリティ専門家が24時間体制で監視・運用するサービスを5月から提供する。

 クラウドについては、パッケージサービス「Microsoft 365 E5」に実装された統合セキュリティサービスの運用から、24時間の監視体制、サイバー攻撃検知後の対処までを実施するサービスを9月から順次提供していく。

 ダークウェブの脅威情報分析では、イスラエルのIntSights Cyber Intelligenceと協業し、ダークウェブやディープウェブ内で流通される膨大な情報の中からユーザーに応じた脅威情報を抽出・分析し、その結果を提供するサービスを8月に提供する予定。


グローバルマネージドセキュリティサービスの強化ポイント(出典:富士通)

 富士通は、グローバルマネージドセキュリティサービスの中で、24時間体制でのリアルタイムログ監視などの必要性の高いサービスのみを体系化し提供する。これにより、導入期間を従来の3カ月から1カ月へ短縮可能な「グローバルマネージドセキュリティサービス エクスプレス」を5月から提供する。

 販売・提供価格は、FUJITSU Security Solution Cybereason EDRサービスが年額1410万円(税別、以下同)から。グローバルマネージドセキュリティサービス エクスプレスは月額25万円から。いずれも、Cybereason EDRを1000台の端末に導入する場合の価格。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]