編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
ServiceNow Knowledge

AIがITサービス管理の将来を変える--ServiceNowがDevOpsサービスを発表 - (page 2)

末岡洋子

2018-05-14 06:00

人間と技術の関係が変わる--AIがITSMを変える

 またAIでは、「Agent Workspace」「Virtual Agent」の2種類の新機能が発表された。

 Agent Workspaceは、AIを利用したコマンドセンターで、「1年を待って発表にこぎつけた」(Desai氏)という思い入れのある機能だ。デモでは、ITヘルプデスクの担当者が、3ペインの画面を利用してイシューを効率よく管理する姿を見せた。チケットの内容が「iPhoneのVPN接続のやり方」に関するものであることが分かると、Agent Workspaceの「Agent Assit」が関連する記事やマニュアルを表示、添付をクリックしてユーザーに送り、解決するという内容だ。デモのように、ITヘルプデスク担当者は、入力作業を一切せず、クリック操作で問題解決にこぎつけることもできるという。


Agent Workspaceのデモ。右ペインにAgent Assistが問題解決の素材を提案している

 Agent Workspaceは、2018年後半リリースの「London」で導入し、まずはITSM、CMS(カスタマーサービス管理)の機能となり、その後は人事など他の分野にも拡大する予定という。「ITサービス担当の生産性が上がると、ユーザーの満足度が上がり、IT全体が良くなる」と、Desai氏は重要性を強調した。

 Virtual Agentはチャットボット技術で、5月に買収したばかりの自然言語処理技術ベンダーParlo.ioの技術を土台とした。ITSM、CSM、人事向けにそのまま使える会話が含まれているが、顧客は自社のボットをトレーニングしてさらに効率を上げることができる。

 デモでは、在宅勤務の男性が古いPCを新しくするかm修理するためにServiceNowのチャットクライアントからIT担当者へ問い合わせ、モバイルインターフェースを介して新しいPCを発注し、その後に変更するまでを会話ベースで行った。チャットは、まずServiceNowのほか、Slack、Microsoft Teamsに対応し、今後も拡大を図る。同社では、Virtual Agentが15~20%のルーティン作業を処理できると予想している。Virtual Agentは、2018年後半のLondonリリースで盛り込まれる。


ServiceNowのチャットでVirtual Agentで会話しながらPCを注文する

 また、パートナーとして登場したMicrosoftでMicrosoft Teams及びSkypeプロダクトマーケティング担当ゼネラルマネージャを務めるLori Wright氏は、Microsoft TeamsとServiceNowの統合を発表した。背景として、Microsoftの顧客からの要望が高かったという。2社はお互いの製品を使う顧客同士でもある。

 Wright氏は、Microsoft TeamsがOffice 365向けグループチャット、通話、コラボレーションとして2017年に発表して以来、既に20万人が利用していることを明らかにした。Skype for Businessの75%がTeamsを使っており、2018年中に機能面で同等レベルにする。Officeを利用するSkype for Business顧客には、Teamsへの移行を促すということのようだ。


MicrosoftのLori Wright氏(左)とServiceNowのCJ Desai氏(右)

 AI、モノのインターネット(IoT)などの技術キーワードとともに「第4次産業革命」と位置付けられる現在だが、仕事という点では、「人類の歴史上、初めて技術が人に仕える時代になる」とDesai氏は述べる。そして、「生活と仕事が大きく変わる。『人間であるとは何か』がますます重要になる」とし、ServiceNowは仕事の効率という面であらゆる役割の人を支える、と約束した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]