Boston Dynamics、4足歩行ロボット「SpotMini」を2019年に発売へ - 3/5

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部 2018年05月14日 08時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 Boston Dynamicsの機敏な4足歩行ロボット「SpotMini」が、2019年に企業向けに発売されるようだ。車輪付きの機器では移動できない場所での利用を想定しているという。

 Boston Dynamicsの共同創業者でプレジデントのMarc Raibert氏は米国時間5月11日、TechCrunchロボティクスカンファレンスで、現在10体のプロトタイプがあり、製造パートナーとともに年内に100体を製造する予定だと述べた。2019年の発売に向けた「量産体制に入るための準備段階になる」という。

 Raibert氏は価格について明らかにしなかったが、SpotMiniは警備パトロールや、建設会社による建設現場の監視に使える可能性があるとした。SpotMiniは、追加ソフトウェアなどで特定の作業向けにカスタマイズできると同氏は述べた。いずれは、家庭向けの販売も視野に入れているという。

 Raibert氏は、「多くの場所に、車輪付きでは移動できない部分がある」とし、SpotMiniでは移動できる範囲が格段に広がると考えていると述べた。

 Boston Dynamicsは世界で最も有名なロボット開発企業の1社だ。険しい地面の上でもバランスをとりながら移動できる、ガソリン駆動の4足歩行ロボット「Big Dog」で脚光を浴びた。その後、ヒト型ロボット「Atlas」も発表している。バク宙のほか、荷物を拾い上げることができるAtlasは今、ランニングも可能となっている。

 Boston DynamicsがGoogle傘下に入ってから開発が始まったSpotMiniは、見た目が愛らしいだけでなく、その動きは目を引くものがある。

 Boston Dynamicsは現在ソフトバンク傘下にある。量産などの短期的な優先事項とともに、しばらくは実を結ばないであろう「非現実的な」プロジェクトにも取り組んでいる。Atlasは、現時点では近い将来製品化される予定はないが、その技術が今日の取り組みにメリットをもたらすとRaibert氏は述べた。

車いすに代わって人を屋外へ?

 Boston Dynamicsに寄せられる要求の1つに、車いす利用者を、ハイキングコースなどに連れ出すことのできる脚型デバイスがあるという。「その要求にはまだ活動的に取り組んでいない」とRaibert氏は述べた。

 10日には、SpotMiniの自律ナビゲーション機能を示すデモが披露された。SpotMiniは、搭載された4台のカメラによって、障害物の位置とその回避方法を検出する。例えば、手すりにぶつかることなく階段を上ることができるとRaibert氏は述べた。

 11日に壇上で行われたデモでは、人が指示してSpotMiniを操作する様子が披露された。ただし指示するのは目的地だけで、個々の足を配置する正確な場所までは指示しないという。SpotMiniは、複数の障害物をまたぎ、脇に寄って避けた場面もあった。

SpotMiniの自律ナビゲーション

 自律ナビゲーションを行うには、対象領域内でSpotMiniを手動で走らせ、SpotMiniが独自のマップを作成できるようにする必要があるとRaibert氏は述べた。それによってSpotMiniは、自律的に移動する方法を把握することができる。

 同氏は、「モーションプランニングソフトウェアは、障害物の位置や移動できる場所を考慮してモーション制御を考え出すというのをすべてリアルタイムで実行する」と述べた。

 長い目で見れば、ロボットはインターネットよりも重要なものになる可能性があるとRaibert氏は述べた。

 同氏は、「インターネットによって、世界中のあらゆる情報に触れられるが、ロボットは世界中のあらゆるものに触れて操作することを可能にする」と話す。「さらなる大きなアイデアだ」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

提供:Stephen Shankland/CNET

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]