グーグルのProject Zero、「Microsoft Edge」のセキュリティ機能に不具合を指摘

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-05-14 10:51

 Googleの「Project Zero」の研究者であるIvan Fratric氏が報告書を公開し、「Microsoft Edge」に適用されたセキュリティ機能「Arbitrary Code Guard」(ACG)の脆弱性に関する同チームの研究結果を詳しく説明した。

 エクスプロイト緩和機能であるACGは、現在Edgeのみで利用できる。この機能の狙いは、高度な技術を持つ攻撃者が同ブラウザ内のコンテンツプロセスのセキュリティを突破した場合に、メモリ内で悪意あるコードを実行するのを防ぐことだ。

 Fratric氏は2月、EdgeのACGを迂回できる問題をMicrosoftが修正する前に、この問題の詳細を発表していた。Project Zeroは最初の報告から90日が経過すると公表するというルールを設けており、Microsoftがこの期限を過ぎてしまったからだ。

 この迂回手法は、EdgeのJavaScriptコンパイラ「Just in Time」(JIT)をACGを有効化した状態で機能させるために開発されたカスタマイズのセキュリティ機能を弱めるものだ。これを受けて、Microsoftはそのカスタマイズを改善した。

 問題を解決するために、MicrosoftはEdgeのJITエンジンをブラウザのコンテンツプロセスとは別の、サンドボックス化した独自のプロセス内に置く必要があった。

 この防御策は、高度な技術を持つ攻撃者がEdgeのサンドボックスから逃れるのを阻止するとされる。しかし、ACGはおおむねそのタスクを遂行できるものの、ACGと「Code Integrity Guard」(CIG)と呼ばれる別の緩和機能は、「Control Flow Guard」(CFG)と呼ばれるWindows 10の別のエクスプロイト緩和機能によって効力が弱まることにFratric氏は気づいた。

 ACGが全ての攻撃をブロックするためには、ACGとCIG、CFGの全てで迂回を阻止する必要がある、とFratric氏は主張する。だが、CFGで迂回を阻止することは難しい。同氏によると、一部の攻撃シナリオでは、「Google Chrome」のサイト隔離機能の方が、ACGを有効化したEdgeよりも迂回が困難だという。

 GoogleのChrome開発者はサイト隔離機能(各サイトをそれぞれサンドボックス化されたプロセス内で実行する)を、エクスプロイト緩和に関するEdgeとChromeの重要な違いだと考えている。サイト隔離機能の問題は、メモリ使用量が10%~20%増えることだ。

 それでも、全体的に見れば、EdgeでACGを利用可能にしたMicrosoftのカスタマイズには本質的な不具合がある、とFratric氏は考えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]