編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
調査

2017年のコグニティブとAIシステム支出は274億7600万円に--IDC Japan

ZDNet Japan Staff

2018-05-14 12:06

 IDC Japanは5月14日、国内コグニティブ/人工知能(AI)システムについて、2017年の市場分析と2018~2022年の市場予測を発表した。これによると、2017年の市場規模はユーザー支出額ベースで274億7600万円と推定。企業による実証実験から実システムへの適用やソフトウェアへのAI機能の組み込みが進んだことを挙げ、2016年と比較してほぼ倍増したと見ている。

 同社では、コグニティブ/AIシステム市場を、自然言語処理と言語解析を使用して質問に応答し、機械学習をベースとしたレコメンデーションとディレクションを提供することで、人間の意思決定を補助/拡張する技術として定義。同市場は、ハードウェア/ソフトウェア/サービスのITテクノロジによる分類と、ビジネスでの利用方法に即した分類方法で分析している。

 この分類方法は、IDCの「Worldwide Semiannual Cognitive/Artificial Intelligence(AI) Systems Spending Guide」で主要なユースケースを抽出し、適用モデルを作成している。

 IDC Japanによると、2018年以降の同市場はAIシステムの「パーベイシブ化(普及)」が進み、同市場は急速に拡大すると予測する。また2018年以降は、金融などでのリスク検出/分析、サービス業などでの自動顧客サービスへのAI適用が進む。その結果、2017~2022年は年平均成長率60.7%で成長し、2022年には2947億5400万円の規模になると予測する。


国内コグニティブ/AIシステム市場 セグメント別ユーザー支出額予測:2017~2022年(出典:IDC Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]