編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
生産性向上に効くビジネスITツール最前線

RPA/AIに熱視線--熱い商談が繰り広げられた「2018 Japan IT Week 春」 - (page 2)

柳谷智宣

2018-05-15 07:00

IoTブースでは「可視化」のキーワードが強い

 注目のIoTをチェックすべく、IoT/M2M展に移動。IoTはInternet of Things(モノのインターネット)の略で、さまざまなセンサやデバイスがインターネットに接続する仕組みのこと。M2MはMachine to Machine(機械同士の通信)の略で、センサやデバイス同士が通信するという仕組みは同じだが、必ずしもインターネットを介さないのが特徴となる。

 大きなブースで、ソラコムがアイ・オー・データ機器やメカトラックス、岩崎通信機などと共同展示を行っていた。ソラコムはIoT/M2M向けにワイヤレス通信を提供するプラットフォームで、低価格で導入できるのが特徴。さらに、IoT/M2Mデバイスを管理するシステムも用意しており、これまでより少ないリソースでIoTソリューションを構築することができる。


複数企業の共同出展で、熱気にあふれていたソラコムブース

各社が取り扱う製品についてのセッションも行われていた

 途中で人だかりができていたのでのぞいてみるとトレンドマイクロによるセッション。情報セキュリティEXPOにもブースを出しており、相変わらず企業のセキュリティに対する関心の高さがうかがえる。もちろん、このブースではIoTを狙った最新の脅威について紹介されていた。もはや、Windowsだけでなく、ネットワークにつながる全ての機器が脅威にさらされているのだ。


通路まではみ出るほど参加者が集まっていたトレンドマイクロのセッション

 コンシューマー向けのIoTと異なり、ビジネス向けのソリューションが多く、中でも目立っていたのがセンサ類を活用した可視化に関するもの。ウイングアーク1stは、IoT/M2M展に加えて、AI・業務自動化展にも出展しており、ペーパーレス化により業務を自動化するソリューションや、IoTの膨大なデータを可視化するビジネスインテリジェンス(BI)ツール「MotionBoard」を展示していた。


IoTデータをリアルタイムに可視化する「MotionBoard」

AI・業務自動化展で展示されていたアナログプロセスを自動化する「SPA」

 2018年4月、Googleから「Google Wifi」が発売され、話題になっていた「Wi-Fiメッシュ技術」。現場では、この技術を搭載したプロダクトをサイレックス・テクノロジーが展示していた。「切れない無線」技術を搭載したプロダクトが展示されており、医療やヘルスケア、産業機械分野などへの展開事例が紹介されていた。


サイレックス・テクノロジーでは、最新のワイヤレス技術を展示していた

メッシュネットワーク技術を搭載した「BR-400AN」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]