編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
生産性向上に効くビジネスITツール最前線

RPA/AIに熱視線--熱い商談が繰り広げられた「2018 Japan IT Week 春」 - (page 3)

柳谷智宣

2018-05-15 07:00

大手からベンチャー、自治体までバリエーション豊かなクラウド

 クラウドコンピューティングEXPOでは、243社が出展していたが、中でもサイボウズの「kintone」ブースが目立っていた。工場をイメージしたブースになっており、パートナーと共同でさまざまなシステムが展示されていた。

 特に面白そうだったのが、ビジネスチャットツール「LINE WORKS」で動作するチャットボットからkintoneのデータを引き出すサービスや、前出のRPA、BizteX cobitと連携してkintoneのデータを活用するサービス。パートナーがプラットフォームであるkintoneをさらに便利にするエコシステムは強いな、と感じた。


今年のkintoneブースは工場をイメージしていた

ジョイゾーはLINE WORKSと連携するチャットボットを展示

チャットボットでkintoneのデータを引き出すデモ

M-SOLUSIONSはBizteX cobitとの連携デモを行っていた

 クラウドコンピューティングというカテゴリなので、特にバリエーション豊かな企業が軒を連ねている。山口県などもサテライトオフィスの立地をサポートするブースを出していた。

 技術見本市と異なり、商談の場としての展示会なので、とても新鮮だった。ダイレクトにどんな事業でどんなメリットが出るかをストレートに展示しており、分かりやすい。参加者の集まり具合を見ていると、皆さんの興味の傾向も分かり面白かった。やはり、働き方改革の切り口で、AI・業務自動化やIoT/M2M、クラウドコンピューティングといったところが盛り上がっていた。日本のIT業界も、まだまだ盛り上がっていきそうだ。

柳谷智宣(やなぎやとものり)
ITライター
https://peraichi.com/landing_pages/view/yanagiya

1972年生まれ。1998年からIT・ビジネスカテゴリのライターとして、さまざまな雑誌、書籍、ウェブ媒体で執筆している。近年は、クラウドサービスやスタートアップ関連の動向を注視しており、多数の企業に取材、実際にプロダクトに触れることも多い。飲食店も経営しており、「原価BAR」を都内4店舗、「花円(KAEN)」をウランバートルにて展開中。著書に『銀座のバーがウイスキーを70円で売れるワケ』『Twitter Perfect GuideBook 改訂版』『クラウドの達人はなぜChromeを使うのか』『Dropbox WORKING』など。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]