編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
日本株展望

優待投資、失敗しないための5つの注意点

ZDNet Japan Staff

2018-05-15 10:56

今日のポイント

  1. 効率的な優待獲得には、最少投資金額で多数の銘柄に分散投資するのが有利
  2. 優待券は有効期限(通常は1年)内に使わないと失効する
  3. 配当利回りも考えて、総合的に有利なものを選ぶ
  4. 権利取り直前に株価が大きく上昇している銘柄は投資を避ける
  5. 構造不況銘柄や財務に問題のある銘柄、不祥事を起こしている銘柄は避ける。株価が下げ続ける銘柄は、いったん売却を

 これら5点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

 今回は、読者から質問の多い、株主優待投資について解説する。このレポート内容は、以下6つの動画でも、解説している。動画で学びたい方は、以下URLからご視聴いただきたい。

優待投資で、これだけは知っていてほしい、5つの注意点

 日本には「株主優待制度」という、世界でも珍しい制度がある。上場企業が株主に感謝して贈り物をする制度だ。上場企業が株主に、お中元やお歳暮を贈るようなものである。

 本来、株主には配当金を支払うことで利益還元するのが筋である。ところが、日本の個人株主の一部に、お金(配当金)をもらう以上に贈り物(株主優待)を喜ぶ風潮があることから、株主優待という制度が存続、発展している。小売・外食・食品業では、個人株主がそのままお客さま(会社製品の購入者)になることもあるので、広報宣伝活動の一環として自社製品を優待品に積極活用する企業も多数ある。

 とても魅力的な制度なので、積極的に活用したら良いと思う。ただし、その魅力とリスクについて、これだけは知っておいてほしい5つのポイントが、ある。以下の5つだ。

  1. 効率的な優待獲得には、最少投資金額で多数の銘柄に分散投資するのが有利
  2. 優待券は有効期限(通常は1年)内に使わないと失効する
  3. 配当利回りも考えて、総合的に有利なものを選ぶ
  4. 権利取り直前に株価が大きく上昇している銘柄は投資を避ける
  5. 構造不況銘柄や財務に問題のある銘柄、不祥事を起こしている銘柄は避ける。株価が下げ続ける銘柄は、いったん売却を

1.効率的な優待獲得には、最少投資金額で多数の銘柄に分散投資するのが有利

 株主優待制度は、個人投資家を優遇する内容となっている。そのため、機関投資家には、株主優待制度に反対しているところが多数ある。優待制度はほとんど、小口投資家(主に個人株主家)に有利、大口投資家(主に機関投資家)に不利な内容となっているからだ。以下は、典型的な優待の一例である。

A社の優待内容:期末の株主名簿に記載されている株主に以下の自社製品を送る。


 上記の優待内容から、100株当たり、どれだけの金額の優待を受けられるかを計算したのが、以下の表である。


出所:楽天証券が作成

 ご覧いただくとわかる通り、100株当たりの経済メリット享受額は、最小単位(100株)を保有する株主が1000円で最大だ。保有株数の大きい株主は、100株当たりの優待受け取りが小さくなる。つまり、株主優待制度は、少額投資の個人株主を優遇するものであることがわかる。

 個人株主数を増やしたい上場企業が、優待制度を積極活用して、個人株主にアピールしているわけである。したがって、少ない資金で効率的に優待を取ろうと思う個人投資家は、最小単位で、なるべく多くの銘柄に投資すべきだ。

 最小単位とは、原則100株だが、稀にそうでない企業(たとえば500株保有しないと優待が受けられない企業)もあるので、個別企業については、それぞれの優待内容を確認いただきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]