編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
日本株展望

インバウンド関連株の堅調は続く?--日中関係改善は追い風

ZDNet Japan Staff

2018-05-18 12:44

今日のポイント

  1. 日本インバウンド指数は年初来高値を更新
  2. 所得の増加と人民元高で中国人の購買力は拡大中
  3. インバウンド増加は国策:関連銘柄の優勢は続くとみられる

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

日本インバウンド指数は年初来高値を更新

 今週の株式市場では、米長期金利の上昇や米朝首脳会談を巡る不透明感が株価の上値を抑えたが、ドル円相場が110円を突破したことを好感し、日経平均株価は底堅い動きとなった(17日時点)。こうした中、インバウンド(訪日外国人客数)の増勢に伴う業績好調を反映し、日本インバウンド指数は年初来高値を更新する好調を見せている(図表1)。

 日本インバウンド指数(Japan Inbound Tourism Index)は、訪日外国人客数の増勢から恩恵を受ける可能性が高い73銘柄で構成されている株式指数で、昨年秋頃からTOPIX(市場平均)に対する優勢を鮮明にしてきた。観光庁が発表する訪日外国人客数に関する最新数値によると、4月の訪日外国人客数は前年同月比+12.5%の290万1000人で「単月」として過去最高を記録。過去1年累計(2017年5月から本年4月)は3009万人となり、「1年累計で3000万人」を初めて突破した。訪日外国人客による消費支出総額は2017年で約4兆4000億円(前年比+16.5%)、本年1~3月期で約1兆1000億円(前年同期比+17.2%)となった(観光庁)。

 インバウンドのモノ・コト(商品・サービス)への支出拡大は、大都市圏だけでなく地方の経済的寄与度を高めている。こうした流れを背景に業績を拡大させているインバウンド関連株は、株式相場における存在感を高めていくと考えられる。

図表1:インバウンド指数のTOPIXに対する優勢が鮮明に

注:Japan Inbound Tourism Index=インバウンド(訪日外国人客数)の増勢で恩恵を受ける可能性が高い関連73銘柄で構成される指数。ドイツのSolactive AGが2016年に指数を開発し指数値の提供をスタートした。
出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2018年5月17日)
注:Japan Inbound Tourism Index=インバウンド(訪日外国人客数)の増勢で恩恵を受ける可能性が高い関連73銘柄で構成される指数。ドイツのSolactive AGが2016年に指数を開発し指数値の提供をスタートした。
出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2018年5月17日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]