編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ITインフラの運用自律化(3)--データベースの自律化が与える影響

小西亮輔 (日本オラクル)

2018-05-23 07:00

 前回まではITインフラストラクチャの自律化について解説しました。今回は、データベースの運用自律化を取り上げます。近年の技術トレンドを鑑みても、企業システム全体をクラウド化する流れは止まらないでしょう。データベースも例外ではなく、クラウドへの移行が進むのは確かです。

 本稿では、オンプレミス環境のデータベースシステムからクラウド環境の自律化されたデータベースサービスへ移行した際の影響について考察します。

データベース自律化の効果は?

 データベースの管理業務としては一般的に次のようなタスクが考えられます。

  • 監視
  • ログメンテナンス
  • バックアップ
  • パッチ適用
  • キャパシティプランニング
  • プラットフォームトラブル対応(リカバリなど)
  • パフォーマンストラブル対応(チューニングなど)
  • セキュリティ対策
  • 構成管理

 データベースの自動運用については、ストレージへのデータの最適配置やメモリ領域の最適配分など、昨今のデータベースシステムには既に多くの機能が搭載されています。また、フルマネージド型サービスを使えば、パッチ適用やバックアップといった作業も運用事業者に任せられます。こうした機能やサービスの活用により、データベース管理者は運用タスクを減らせるようになります。

 ただ、これだけではデータベースの自律化を達成したとは言えません。データベース管理者が最も苦労し、時間を掛けているのは、インスタンス障害やメディア障害などのリカバリ対応、パフォーマンス改善のための設計見直しとチューニング作業、情報漏えいを防ぐセキュリティ対策などです。こうした作業は依然としてデータベース管理者が実施する必要があるためです。

 真のデータベース自律化を実現するには、自律機能を有したデータベースサービスを採用する必要があります。オラクルにおいては、「Oracle Autonomous Database」と呼ばれる自律型データベースを既に発表しており、トラブル発生時の自動修復やパフォーマンスの自動最適化などの機能に期待が集まります。

図1:Autonomous Database Cloudによって自動化される管理業務
図1:Autonomous Database Cloudによって自動化される管理業務

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]