編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
企業決算

HPE、予想上回る好調決算--すべての事業分野で成長

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-05-23 10:05

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は米国時間5月22日、2018会計年度第2四半期の決算を発表した。市場の予想を上回り、2018年度通期の見通しを引き上げた。

 売上高は75億ドル、非GAAPベースの希薄化後1株当たり純利益は34セントだった。

 アナリスト予想では、売上高が73億8000万ドル、1株当たり利益は31セントとされていた。

 「すべての事業分野で売上高が増加し、全体的な収益性が高まるとともに、HPE Nextイニシアチブで重要なマイルストーンを達成し、イノベーションへの投資を継続した」と最高経営責任者(CEO)のAntonio Neri氏は発表の中で述べた。

 ハイブリッドITが売上高の大半を占め、前年同期比7%増の60億ドルとなった。このセグメントの売上高は、コンピュートが6%増、ストレージが24%増、データセンターネットワーキングが2%増、「Pointnext」が1%増となった。

 インテリジェントエッジ分野の売上高は前年同期比17%増の7億1000万ドル。 「HPE Aruba Product」の売上高は18%増、「HPE Aruba Services」の売上高は10%増だった。

 金融サービスの売上高は9億1600万ドルで、前年同期比5%増となった。

 第3四半期について、HPEは非GAAPベースの希薄化後1株当たり純利益が35〜39セントになると予想している。また2018年度通期の見通しを1.40〜1.50ドルに引き上げた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]