編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
トップインタビュー

「SAP HANA向けLinuxのシェア90%」から新たな未来を開くSUSEの戦略 - (page 2)

松岡功

2018-05-31 06:00

同じドイツ企業、SAPとSUSEの特別な関係

 それでは、今後の競争力の源泉は何か。川崎氏の話から、筆者が注目した2つのポイントを挙げたい。

 まず1つは、「The Open, Open Source Company」という企業としての姿勢だ。「オープンなオープンソースカンパニー」とは、いったいどういうことか。川崎氏によると、形容詞である「オープンな」には「お客さまに選択肢を提供する」との意味が込められているという。

 その背景には、前項の図2に示したように、SUSEがLinuxをはじめとして、SDIとApplication Deliveryの領域に事業を広げてきていることがある。それによってSUSEは、どの領域においてもオープンソースとしての選択肢を提供していける会社であり続ける――というメッセージが「オープンなオープンソースカンパニー」との表現に込められているようだ。

 もう1つの注目点は、SAPとの特別な関係だ。同じドイツの企業であるSAPとSUSEの関係は、1999年に、SAPが自社のアプリケーション用LinuxとしてSUSE製品を初めて認定したことに始まり、これまで次の図3に示す取り組みを両社で行ってきた。現在は、前項の図2に示したSUSEの製品ポートフォリオの殆どの領域でSAPとのグローバルパートナーシップが展開されている。

図3:SAPとSUSEのパートナーシップの変遷(出典:SUSE Japanの資料)
図3:SAPとSUSEのパートナーシップの変遷(出典:SUSE Japanの資料)

 とりわけ、クラウドおよびコンテナソリューションにおいては、以下の図4に示したように、SAPのクラウド基盤である「SAP Cloud Platform」、SAP製品をサービス展開している「Public Cloud」、SAPのビッグデータ分析ソリューション「SAP Vora」、そして「HANA Enterprise Cloud」に、SUSEの製品群が適用されている。ちなみに、Public CloudではAmazon Web Services(AWS)、Microsoft、Google、IBMといったメジャープレーヤーとパートナーシップを結んでいる格好だ。

図4:クラウドおよびコンテナソリューションにおけるSAPとSUSEの協業(出典:SUSE Japanの資料)
図4:クラウドおよびコンテナソリューションにおけるSAPとSUSEの協業(出典:SUSE Japanの資料)

 こうしたSAPとSUSEの特別な関係が顕著に表れている数字がある。前項の図1に記されている「Linuxで稼働する全SAPアプリケーションの70%はSUSE」というのが、それだ。さらに、川崎氏によると、これがSAP HANAになると90%に跳ね上がるという。

 実は、これがSUSEにとって今後の大きな競争力の源泉になり得る。というのは、SAPが今後、ERP(合基幹業務システム)をはじめとした全ての自社アプリケーションをSAP HANA上で展開していく方針を打ち出しているからだ。もちろん、SAP HANAの普及次第というところはあるが、ビジネスとしてのポテンシャルは非常に大きいだろう。

 こうしたSAPに関連する市場については、川崎氏も「日本でも相当なポテンシャルがあるので、これまで以上にビジネスパートナーとのネットワークを広げるとともに、個々の連携を強化していきたい」との意気込みを語っていた。

 これまで同じオープンソースの競合の中でも、日本ではあまり目立たない存在だったイメージのSUSEだが、SAP HANAの登場で市場の流れが大きく変わるかもしれない。それこそ、川崎氏の手腕の見せどころでもある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]