編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

日本生命、営業職員とサービス担当職員向けにタブレット端末6万台を導入

NO BUDGET

2018-05-23 11:47

 日本生命は、全国約5万人の営業職員および約1万人の顧客サービス担当職員向けの新タブレットとして、富士通のWindowsタブレット「FUJITSU Tablet ARROWS Tab V727/S(ARROWS Tab V727/S)」を導入した。

 日本生命は2019年4月に新端末の利用を開始する予定。同社は、これまで営業職員が社外で顧客と接する際に、ノートPCを用いて商品紹介や契約・事務手続きなどを行ってきたが、営業職員から顧客との関係を強化したいとの声を踏まえ、外出先での商品紹介に最適なタブレット端末としてARROWS Tab V727/Sを導入することにした。

「ARROWS Tab V727/S」
「ARROWS Tab V727/S」

 ARROWS Tab V727/Sは、A4サイズの資料をそのまま表示できる12.3型WUXGA+、アスペクト比3対2の画面サイズを採用しており、外出先でもだれでも見やすいサイズで商品紹介が可能。本体質量約800グラム、薄さ8.9ミリの軽量薄型で、持ち運びが手軽になり、ロケーションフリーの働き方をさらに促進する。

 また、今回の端末の刷新に併せて営業職員のコンサルティング力強化のために「FUJITSU 金融ソリューション Finplex FrontSHIP スマート営業APIサービス群 neXessary」(neXessary)の話題・記事マッチングAPIサービスも導入した。

 neXessaryは、担当法人顧客の業種特徴、キーマンの趣味・嗜好などに合わせ、複数のメディアの最新記事から関連記事を自動提示することで話題収集を支援し、顧客リレーション強化に活用できる。日本生命では、富士通グループのジー・サーチを通じて、共同通信社の記事を利用する。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]