編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

カスペルスキー、法人向けWindowsセキュリティ製品でEDR対応へ

ZDNet Japan Staff

2018-05-23 17:36

 カスペルスキーは5月23日、法人向けWindows用セキュリティ製品の最新版品「Kaspersky Endpoint Security 11 for Windows」を発売した。最小構成で価格は10クライアントの場合で3万2400円からとなる。

 最新版では、企業や組織で広く利用されるアプリケーションの脆弱性悪用攻撃に対処する「脆弱性攻撃ブロック」や、実際のアプリケーションの動作を「ふるまい用データベース」に照らして異常な動作を検知する機能、マルウェアなどに侵害されたシステムファイルやレジストリを元の状態に修復する機能を、PCだけでなくサーバでも利用できるようにした。ふるまい検知では、共有フォルダ上のデータを不正に暗号化しようとする外部コンピュータからのアクセスの検出とブロックを行える。

 EDR対応エージェントは、同社が後日の提供を予定しているEDR(Endpoint Detection and Response)製品に対応するもので、Kaspersky Endpoint Security 11 for Windowsにエージェントを先行搭載した。EDR製品は、PCなどのエンドポイントの動作ログを収集して可視化、分析することにより、不審なふるまいの検知と迅速なインシデント対応を支援するものになるという。

脅威検出時の画面イメージ(出典:カスペルスキー)
脅威検出時の画面イメージ(出典:カスペルスキー)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]