編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

日本MS、産業別注力分野「金融」にクラウドを--共同事業体の本格活動

阿久津良和

2018-05-29 07:00

 日本マイクロソフトは5月28日、都内で金融市場向け戦略説明会を開催した。29日から金融デジタルイノベーションコンソーシアムが活動を開始し、金融機関のクラウド移行初期フェーズを、FIXER及び日本マイクロソフトが用意するメニューで無償支援するサービスを28日から9月末まで実施する。

 日本マイクロソフトは、「技術的側面と組織側面の両者に関わる阻害要因を取り除き、金融機関のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援したい」(日本マイクロソフト エンタープライズ事業本部金融サービス営業統括本部 業務執行役員 統括本部長 綱田和功氏)と説明した。

日本マイクロソフト エンタープライズ事業本部金融サービス営業統括本部 業務執行役員 統括本部長 綱田和功氏
日本マイクロソフト エンタープライズ事業本部金融サービス営業統括本部 業務執行役員 統括本部長 綱田和功氏

 2018年度の経営戦略として、「働き方改革Next」「インダストリーイノベーション」に軸足を置いているが、後者を構成する産業の1つ「金融」について、クラウドシフトが立ち後れている産業ながらも、昨今は変化の兆しを見せているという。

 同社はAdobe Systemsの調査を引用しつつ、「ここ1~2年は金融機関のDX化が加速している。顧客が銀行を乗り換える理由の1位(38%)は『金利』だが、ほぼ同順となる2位(37.3%)に『オンラインサービスが使いやすい』がランクインした。このように顧客体験の改善がビジネスの成長につながる」(網田氏)。

 では、それを実践できない事情はどこにあるのだろうか。日本マイクロソフトは変革プロセスについて、「下支えとなるモード1(既存ITシステム領域)のモダナイゼーション(旧態化したシステムのモダン化)が、モード2(新規ビジネス領域)のDXを押し上げ、新たなビジネス価値を創造する」(網田氏)と語る。具体的には、モード1でコスト減や企業文化の変革を実現し、モード2による異業種連携など新技術を使ってDXにチャレンジしなければならないものの、現場レベルではいくつかの阻害要因があるという。

 技術的側面ではオンプレミスのIaaS化が主目的化し、運用コストの削減を実現できない場合は、PaaS化など新たなゴール設定の見直しが必要。SI技法や社内ルールなど古い文化が阻害要因となる組織的側面に対しては、社内プロセスなど多面的な見直しを図り、組織の近代化が必要となる。

 これらを実現するのが、日本マイクロソフト及びFIXERが提供する金融機関向けクラウド移行初期フェーズだ。クラウド移行診断や近代化ギャップ診断を9月まで無償提供し、金融機関のクラウド移行を技術的&組織的側面から支援する。

2018年5月28日から同年9月末までFIXERと共に、クラウド移行初期フェーズにあたる各種診断サービスを無償提供する
2018年5月28日から同年9月末までFIXERと共に、クラウド移行初期フェーズにあたる各種診断サービスを無償提供する

 他方で、日本マイクロソフトは既に金融機関が単独で、包括的な顧客体験を実施する時代ではないとする。FinTechという文脈で見るとスタートアップの台頭は目覚ましく、顧客チャネルやビジネスプロセスの改善を可能とするサービスは枚挙に暇がない。これらの状況に対して同社は、「オープンイノベーションを通じた協業でDXを目指す時代」(網田氏)だと分析する。

 その一環として、10月30日に発表した「金融デジタルイノベーションコンソーシアム」の活動を、5月29日より開始することを明らかにした。野村総合研究所が推進役、日本マイクロソフトが事務局を務め、FIXER、インテック、インフォシスリミテッド、ニューメリカルテクノロジーズ、新日鉄住金ソリューションズ、電通国際情報サービス、日本システム技術、日本ビジネスシステムズ、日本ユニシスが名を連ね、参画企業に変更はない。

明日29日より活動を開始する「金融デジタルイノベーションコンソーシアム」
明日29日より活動を開始する「金融デジタルイノベーションコンソーシアム」

 日本マイクロソフトは具体的な数字を言及しなかったものの、金融業界でのMicrosoft Azureの採用が増加し、「(同業界での)対前年度比は200~300%。AWSと拮抗していると認識している」(網田氏)と述べつつも、クラウドベンダーとの争いではなく、金融機関向けクラウドの市場規模成長に勢いを与えつつ、利用顧客の拡大を目指すと説明した。同社は金融業界におけるMicrosoft Azureの導入事例として、三井住友銀行及び住友生命保険の2社を次のように紹介する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]