編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
日本株展望

原油が反落--資源関連株への投資はどうすべきか?

ZDNet Japan Staff

2018-05-30 11:06

今日のポイント

  1. WTI原油先物が急反落、サウジ・ロシアが減産を緩める可能性表明で
  2. 需給が引き締まり、2017年後半から上昇が加速してきた原油価格
  3. 資源関連株の投資判断:総合商社に投資妙味を感じる

 これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

(1)WTI原油先物が急反落、サウジ・ロシアが減産を緩める可能性表明で

 WTI原油先物(期近)が先週急落した。原油先物は2017年後半から騰勢を強め、5月21日に1バレル当たり72.24ドルを付けていた。ところがそこから急反落し、25日には1バレル当たり67.88ドルまで売られた。

WTI原油先物(期近)の動き:2018年3月1日~5月28日

WTI原油先物(期近)の動き:2018年3月1日~5月28日
注:楽天証券経済研究所が作成

 25日にサウジアラビアとロシアのエネルギー担当相が会談し、「供給不足に対応し、減産を緩和する準備がある」と表明したことが、今回の急落のきっかけとなった。2017年以降、石油輸出国機構(OPEC)とロシアが協調減産することで需給が引き締まり、原油価格は上昇してきた。OPECを主導するサウジアラビアと、非OPECのロシアが「減産を緩める」可能性に言及したことに反応し、原油先物は売られた。投機筋の買いで上昇し、やや過熱感が出ていたところだったので、利益確定売りの格好の口実となった。

 WTI原油先物(期近)は当面、1バレル当たり60~70ドルで推移すると予想している。投機筋の買いでどんどん上がる局面は終わったと考えられるが、それでも好調な世界景気を背景に需要は堅調であり、直ちに需給が崩れるとは考えられない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]