編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

GRCS、AIとOSS活用の新型SIEMを発表

NO BUDGET

2018-05-31 09:39

 GRCSは、人工知能(AI)とオープンソースソフトウェア(OSS)を活用したSIEM(Security Information and Event Management)ソリューション「SIEM.AI MT」を発表した。併せて米MapR Technologiesと販売代理店契約を締結し、「SIEM.AI MT」のデータ管理基盤に「MapR コンバージド・データ・プラットフォーム」を採用したことも明らかにした。

SIEM.AI MTの概要図
SIEM.AI MTの概要図

 SIEMは、多様な機器が生成するログを収集、一元管理し、リアルタイムに分析することで、サイバー攻撃などのセキュリティ脅威を検知する仕組みを持つソリューション。導入する際、多種多様で膨大なログデータからインシデントの兆候を発見するための多岐にわたる検知ルールの作成が困難であることや、導入コストが高額であることが課題となっていた。

 「SIEM.AI MT」は、AIによる機械学習とOSSを活用することで、検知ルールを自動的に作成し、外部からの攻撃や内部不正などによる異常な通信を自動的に検知する。さらに、初期費用を抑えたスモールスタートができるとする。また、「MapR コンバージド・データ・プラットフォーム」を採用することで、可用性を担保しつつ、各種ログのデータサイズとしては250テラバイトまで使い放題のライセンスとなっている。GRCSのエンジニアがシステムを構築し、初期運用まで手厚く支援する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]