編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
PDF Report at ZDNet

Windows 7以外もある、2020年のシステム移行問題

PDF Report@ZDNet

2018-06-01 07:30

 IT部門にとって、2020年1月14日のWindows 7のサポート終了に伴うWindows 10などへの移行対応は、目下の重点課題だろう。しかし同時期の前後には、Windows 7以外にも多くのプラットフォームがサポートの終了というタイミングを迎える。

 Microsoft製品では、Windows 7と同じ日にサポートが終了するWindows Server 2008/R2の移行対応がある。比較的大がかりな業務システムでは、Windows Server 2012/R2などが利用されているが、Windows Server 2008は特に部門内サーバなど、ともすればIT部門があまり所管しないシステムで今も多数稼働している。中堅・中小企業の中には、基幹業務システムですらWindows Server 2008で運用しているというところもあるだろう。

 また、2000社以上が導入するSAP ERP 6.0などは、サポート期限が2025年ながら、基幹業務システムであることを考えると、実質的には2020年ごろには計画にめどをつける必要がある。昨今では、SAP HANAのようにクラウド前提のERPの台頭が著しいだけに、単なるシステムの“移行”ではなく、この先の10年を見越した“刷新”を考えなければならない。

 2020年には、インターネットコンテンツのリッチ化を牽引すると同時に、その脆弱性がサイバー攻撃の踏み台にもされ続けてきたFlashもサポートが終了する。重要なシステム基盤のサポート終了に伴う話題の記事を集めた。

「Windows 7以外も--2020年のシステム移行問題」
「Windows 7以外も--2020年のシステム移行問題」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]