ServiceNow Knowledge

「自分とは違う世界を知る人」が会社を変える--49歳で起業、ServiceNowの創業者

末岡洋子 2018年06月07日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エンタープライズIT分野で今、勢いに乗っているベンダーの1社が、米ServiceNowだ。先に発表されたForbes誌の「最もイノベイティブな企業」では、Workday、Salesforce.com、Teslaを抑えて、いきなりナンバーワンに躍り出た。2017年の売上高は19億3000万ドルで、前年から39%も増加した。2018年も30%成長を見込んでいる。

 同社は、いったいどのような企業なのか――ServiceNowのイベント「Knowledge 2018」では、創業者のFred Luddy氏が、最高経営責任者(CEO)のJohn Danahoe氏と対談し、設立の背景やビジョンについて語った。

若くはなかった起業

ServiceNow創業者のFred Luddy氏。現在は取締役会長を務める。これまでのキャリアで学んだ最大のことは、「全てを知らなくても良い、聞くことができるということだ」と語る
ServiceNow創業者のFred Luddy氏。現在は取締役会長を務める。これまでのキャリアで学んだ最大のことは、「全てを知らなくても良い、聞くことができるということだ」と語る

 ServiceNowは、ITヘルプデスクなどのITサービスマネジメント(ITSM)をクラウド経由で提供するSaaSベンダーだ。創業は2003年。現在63歳のLuddy氏は当時49歳で、決して若くはなかった。

 創業前のLuddy氏は、ITサービス・資産管理のPeregrine Systemsで最高技術責任者(CTO)を務めていた。2003年にPeregrineは、会計スキャンダルとそれに続く破産に見舞われた。そこでLuddy氏は、ServiceNowの開発に至るが、Peregrine時代から“ITはもっと簡単であるべき”と思っていたようだ。

 「『ITが社員をどのように扱うのか』という点でフラストレーションを感じていた。IT部門は普通の人にとって難しすぎる。Excelなどのおかげで、社員の技術への理解は高まっているが、どうすれば低い技術レベルでも自分たちでアプリケーションを構築できるだろうかと考えていた」――と振り返る。そこでオフィスサービスを開発するも、「インターネット上でそのようなものが提供されているとは誰も知らず、結局売れなかった」とLuddy氏は苦笑する。

 当時はまだクライアント/サーバが主流で、「Internet Explorer 5.5」が市場を独占していた。クラウドはまだ新しかったが、「これまでとは違う方法でやる。ライセンスも実装もアップグレードも新しい方法でやる」と決意していた。

 Luddy氏は、ワークフローを構築するためのシンプルなプラットフォーム「Now Platform」を作った後、ITサポートにフォーカスすることで、市場に少しずつ受け入れられるようになった。

 「最初の日に描いたプラットフォームが現在も土台だ」とLuddy氏。ServiceNowは、自社を説明する時、今でも「普通の人が効率良く仕事をやり取りできるクラウドベースのプラットフォームを構築する」というLuddy氏の言葉を引用している。

 “普通の人”に使ってもらうため、同氏はユーザーインターフェースの改善を重ねた。根底にあるのは、キャリアをスタートした際にメインフレーム時代に学んだという「顧客をハッピーにするために、できることは全てする」という精神だ。これは“Listen, Learn and Act”という言葉でも代弁されている。

 ServiceNowは単一のプラットフォームに、ITSMからカスタマーサービス、セキュリティ、人事管理などに分野を拡大した。2012年にはIPOも実現した。当時の評価額は20億ドル、現在はその15倍の時価総額は300億ドルを超えている。

 会社が大きくなり、資金調達に成功する一方で、Luddy氏は自身が“経営のプロ”ではないと判断し、外部からCEOを迎え入れる決断を下した。その1人目はFrank Slotman氏で、同社をスタートアップから成長させた。これに伴い、Luddy氏は最高製品責任者(Chief Product Officer)に。そしてITSMから本格的にサービス提供分野を広げ、コンシューマーのような使いやすさで訴求するという点から、2017年に元eBayトップのDanahoe氏がCEOに就任した。この時にLuddy氏は、CPOの座もEMCから招き入れたCJ Desai氏に譲っている。

 「2018年、クラウドコンピューティングのエコシステムは落ち着いたものになった。以前のように、次々と入れ替わるハイプサイクルではない」とLuddy氏。また、「素晴らしい人材を獲得することができた」とも語る。外部から起用した経営陣だけでなく、ゲーム業界の経歴をもつデザイナーなど、「自分とは違う世界を理解している人」こそ、企業を成長させてくれると考えているようだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]