編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

人気の優待銘柄はいつ買うべき?--権利落ち直前は有利か

ZDNet Japan Staff

2018-06-07 11:29

今日のポイント

  1. 2018年6月26日は6月末基準の配当金や株主優待を受け取るための「権利付き最終売買日」。人気の株主優待を権利付き最終売買日の直前に買うのは有利か、それとも不利か

 この点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

 今回は読者から質問の多い「株主優待銘柄の買いタイミング」について解説する。

株主優待制度とは?

 日本には、世界でも珍しい「株主優待」という制度がある。上場企業が株主に感謝して贈り物をする制度だ。上場企業が株主にお中元やお歳暮を贈るようなものである。

 本来、株主には配当金を支払うことで利益還元するのが筋だ。ところが、日本の個人株主の一部には、お金(配当金)をもらう以上に贈り物(株主優待)を喜ぶ傾向があることから、個人株主を増やしたい上場企業は積極的に優待を実施している。魅力的な制度なので積極的に活用したらいいだろう。

6月末に権利が確定する優待銘柄。権利付き最終売買日に買うのは「お得」?

6月26日は「権利付き最終売買日」、27日は「権利落ち日」

 2018年6月26日は6月末基準の配当金や株主優待を受け取るための「権利付き最終売買日」だ。6月26日に株を買うと3営業日後の6月29日に株主名簿へ掲載される。そうすると、6月末の株主に与えられる配当金や株主優待を得る権利が確定する。

 気を付けなければならないのは、6月27日に買っても6月末基準の配当金や株主優待を受け取る権利は得られないことである。6月27日のことを「権利落ち日」という。27日に株を買った場合、株主名簿に登載されるのは7月2日。6月末にはまだ株主名簿に登載されていないので、6月末基準の配当や株主優待は得られない。

2018年6月末(6月の最終営業日:29日)が権利確定日の場合

2018年6月末(6月の最終営業日:29日)が権利確定日の場合
出所:楽天証券経済研究所が作成

株主優待が魅力的な6月中間決算銘柄を6月26日に買うのは有利か?

 買ってすぐに6月末の株主優待や配当金を受け取る権利が確定するので「お得」に感じる人が多いようだ。そのため、人気の優待銘柄では、権利付き最終売買日に向けて権利取りの買いが増える。

 ただし、現実には直前に買って「お得」になるとは限らない。かえって損なこともある。権利付き最終売買日の買いが「得」か「損」かは、直前の株価の動きによって決まる。

 人気の優待銘柄は、権利付き最終売買日に向けて権利取りの買いで大きく上昇することがある。その場合、権利落ち日に株価が大きく下がる可能性が高くなる。配当金や株主優待を受ける権利が得られても、その価値以上に株価が大きく下がっては意味がない。権利取り直前に株価が大きく上がっている銘柄の買いは見送るべきである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]