編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Google Compute Engine」に単一テナントノード--ベータ版が提供開始

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-06-08 12:07

 Googleは米国時間6月7日、「Google Compute Engine」においてソールテナントノードのベータ版を提供開始したと発表した。

Googleは米国時間6月7日、「Google Compute Engine」においてソールテナントノードのベータ版提供を開始した

 ソールテナントノードによって、顧客はCompute Engineサーバ全体を占有できる。たいていのクラウドコンピューティングプロバイダーはマルチテナントアーキテクチャを採用しているため、コンピューティングリソースは複数の顧客で共有される。

 しかし、シングルテナントノードを利用できた方が望ましい場合もある。例えば、法的規制に準拠するために、組織のコンピュートリソースを物理的に隔離しておかなければならない場合などだ。

 ソールテナントノードの提供により、顧客はインスタンスをどのノードで起動するかを手作業で選択できるようになる。また、最適なロケーションを自動的に決定する配置アルゴリズムを利用することもできる。なお、利用料金は従来通り、利用したノード毎に秒単位で課金される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]