編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ソフト開発のコマス、SaaS型ERPを導入--SEの配置管理を効率化

NO BUDGET

2018-06-11 11:41

 情報通信関連のソフトウェア開発を手掛けるコマスは、オロのSaaS型統合基幹業務システム(ERPパッケージ)「ZAC Enterprise」を導入した。オロが6月6日に発表した。

 コマスは、次世代光通信や携帯端末など情報通信分野でのソフトウェア開発を手掛ける企業。新規顧客からの引き合いが増えており、これに対応するため、システムエンジニア(SE)の配置管理と案件別の損益管理をタイムリーに行いたいというニーズがあった。

 しかし、これまでExcelを用いて業務管理を行っていたため、SEの稼働状況や案件別労務費の把握に必要な実績工数を月次でしか確かめられず、効率的に人員を配置できないという課題があった。

 ZAC Enterpriseについては、実績工数をタイムリーに集計できる点、業務を一元管理できる点、案件別損益を即座に可視化できる点などを評価した。社外からもシステムを利用可能なことも採用の大きな理由になったとしている。

 ZAC Enterpriseは、プロジェクト単位で業務進行する業種・業態に特有の経営管理、商慣行、機能要件に対応する点を特徴とする。売上・仕入・経費などの各種データを自動で仕訳データに変換し、財務会計システムに出力することができる。企業独自で新規開発した会計システムや企業グループ内で指定された会計システムへのデータ連携も可能。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]