編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

グーグル、エンタープライズ向けAndroid端末推奨プログラム拡大

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-06-13 10:08

 Googleは米国時間6月12日、エンタープライズ向けの「Android」搭載端末推奨プログラム「Android Enterprise Recommended」を拡大し、新たな端末やOEMとともに、大手顧客企業の名前を発表した。

 同プログラムが立ち上げられた際のリストには、サムスンの名前が含まれていなかった。その状況はまだ変わっていない。

 Android Enterprise Recommendedプログラムでは現在、39種の端末がリストに挙げられている。同プログラムの中核となる要求として、端末のアンロックと、定期的なセキュリティアップデートが可能であることのほか、手作業でのデバイス設定を不要にする「zero-touch enrollment」(ゼロタッチエンロールメント)機能の搭載が挙げられている。

 初期の端末リストには、ソニーやHuawei(ファーウェイ)、LG、Motorola、BlackBerry、GoogleのOEMの製品が含まれていたが今回、シャープの「AQUOS SH 10-K」とSonimの「XP8」などが追加されることになる。

 また、Huaweiの「MediaPad M5」(8.4インチおよび10.8インチ)がタブレットとして初めて承認された。

 同プログラム開始時からのパートナー企業の端末も新たに追加されている。例を挙げるとMotorolaの「Moto G6」や「Moto G6 Plus」「Z3 Play」のほか、BlackBerryの「BlackBerry KEY2」が追加されている。さらに、Nokiaの最新端末も追加されている。

 また、Android Enterprise Recommendedプログラムをベースラインとして採用している顧客としてHSBCやSASの名前が挙げられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]