Interop Tokyo 2018

IoTやAI、ブロックチェーンなどの最新技術が集結--Interop Tokyo 2018開幕 - 8/20

藤本和彦 (編集部)

2018-06-14 14:32

 ネットワーク関連の技術イベント「Interop Tokyo 2018」が6月13~15日に幕張メッセで開催している。インターネット、クラウド、データセンター、仮想化、セキュリティ、ワイヤレスなどをテーマとした年次イベント。1994年の初開催から今回で25回目を迎える。

Interop Tokyo 2018

 今回の注力テーマは、セキュリティ、モノのインターネット(IoT)、第5世代移動通信(5G)、人工知能(AI)、SDI/NFV、ネットワークインフラ、クラウドコンピューティング、モビリティ&ワイヤレス、エンタープライズIT、ブロックチェーン、放送システムのIP化となっている。

 「Connected Media Tokyo 2018」「デジタルサイネージ ジャパン 2018」「ロケーション ビジネス ジャパン 2018」「APPS JAPAN 2018」も同一会場で同時開催されている。

 2018年開催実績の速報値として、初日となる13日には4万826人(同時併催イベントを含む)が来場したとしている。2017年は4万2780人だった。

 本稿では、IoTやAI、ブロックチェーン関連の展示を中心に各ブースの模様を紹介する。

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)のブースでは、無線通信規格「Sigfox」を出展。通信対応チップ・モジュールのほか、パートナー各社によるさまざまなソリューションが紹介されている。

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)のブースでは、無線通信規格「Sigfox」を出展。通信対応チップ・モジュールのほか、パートナー各社によるさまざまなソリューションが紹介されている。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]