Gartner Summit

従来型BIからモダンBIへの移行が進んでいる--ガートナー堀内氏

日川佳三 2018年07月06日 08時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月14日、「ガートナー データ&アナリティクスサミット2018」のセッションの1つとして、ガートナーのリサーチ部門でマネージングバイスプレジデントを務める堀内秀明氏が登壇。「BI近代化実現のポイント」と題して講演した。

 BI(ビジネスインテリジェンス)ソフトウェアの導入が進んでいる。ガートナーが2016年11月に実施した市場調査「ITデマンド・リサーチ」によると、2000人以上の大企業の80%がBIソフトを利用中または導入中だ。2007年の53%、2010年の61%、2013年の70%と、順調に伸びてきている。

ガートナーのリサーチ部門でマネージングバイスプレジデントを務める堀内秀明氏
ガートナーのリサーチ部門でマネージングバイスプレジデントを務める堀内秀明氏

 しかし、調査では別の側面も見えている、と堀内氏は指摘する。BIを導入しても、BIによって成功を勝ち取った企業は少ない。「期待以上の成功」(1%)と「期待通りの成功」(9%)を合わせて、成功している企業は10%しかいない。

 従来型BIの課題について堀内氏は、「当初のユーザー要件から外れたデータについては、活用するのが難しい」と指摘。要件の追加や変更に対しては追加開発で対応することになり、相応の時間を要する。この結果、エンドユーザーは、個別にデータを入手してExcelで加工することが増える。

 従来型BIの課題を克服するため、市場の主役は、従来型BIからモダンBIへと移行している。保守料金を含めた市場規模で、2014年におけるモダンBIのシェアは9.2%だが、2016年に16.3%へと急増。2021年の予測では、モダンBIは29.6%に達し、従来型BI(21.6%)を抜いているという。

モダンBIなら、ユーザーが自分で仮説を立てて検証できる

 堀内氏は、従来型BIとモダンBIの特徴を比較して見せた。

 従来型BIは、IT部門が作りこんで、エンドユーザーに使わせる。分析対象のデータは、定義済みのメタデータで、処理はバッチ型だ。この一方、モダンBIは、ユーザー自身で何とかする。定義済みのデータだけでなく、あらゆるデータにアクセスする。処理はアジャイルでインタラクティブだ。

 しっかり対応するモード1のアプローチと、臨機応変に対応するモード2のアプローチという2つの異なる流儀を両立させるバイモーダルの観点で言えば、従来型BIはモード1で、モダンBIはモード2にあたる。

 従来型BIでは、どんなデータを分析するのかは、あらかじめ決め打ちだ。こうして取ってきたデータを、分析に合う形に整理する。このフロントにレポートやダッシュボードを作ってエンドユーザーに見てもらう。

 モダンBIでは、「なぜこんなに売れるのか」や、「なんでモノが足りなくなるのか」といった疑問、さらに、「天気が良かったから」とか「競合他社が新製品を出したから」などの仮説から分析がスタートする。

 仮説を確かめるためのデータを、どこからか見つけて引っ張ってくる。持ってきたデータは、分析できるように前処理(プレパレーション)し、可視化する。こうしてさらに仮説を立て直す。こうした試行錯誤をインタラクティブに繰り返す。

最先端のBIは、売上が増えた原因を文章で教えてくれる

 講演の中盤以降では、データ分析とBIのトレンドを紹介した。

 機能面でのトレンドは、グラフィカルなユーザーインタフェースによるデータ探索だ。表やグラフだけでなく、様々な可視化手法でグラフィックスを提供し、データの状況を分かりやすく表現する。ここにデータを取り込むための前処理(プレパレーション)のための機能もBIソフトは取り込んでいる。

 新たな革新機能に、拡張アナリティクス(Augmented Analytics)がある。データをBIソフトが勝手に分析し、データの特徴を自然言語による文章で教えてくれるものだ。売上が増えた原因が何かといったことを言葉で説明してくれる。米MicrosoftのPower BIなどが実装している。

 拡張アナリティクスが登場した背景には、ビジュアルは見る人の文脈で解釈が変わってしまうという状況がある。ユーザーは、自分が興味を持つことにしか目がいかない。ここで、文章を提示できれば、誰に対しても伝えるべきことを伝えられる。こうした機能強化が、特にクラウドで加速している。

 ライセンス面でのトレンドは、低価格化が進んでいることだ。機能限定の無料版は当たり前だという。サブスクリプションモデルも一般化し、支払い方法にバリエーションが生まれている。利用者の面での特徴は、IT部門ではなくパワーユーザー層による支持が増えている。これまで現場でExcelを使っていたパワーユーザーがBIソフトを使い始める。

 BI/アナリティクスプラットフォームのMQ(マジッククアドラント)においてリーダー(実行能力とビジョンの完全性の2つが高い)のポジションにいるのは、米Microsoft(Power BI)、米Tableau、米Qlik(QlikView、Qlik Senseなど)の3社だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]