編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「Windows Server 2019」新ビルド公開、「Hyper-V 2019」をプレビュー

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-06-22 10:43

 Microsoftは米国時間6月19日、「Windows Server 2019」の新たなテストビルド(「Build 17692」)を公開した。同ビルドには、「Hyper-V 2019」初のInsider Preview版も含まれている。

 Build 17692は、Windows Serverの次期「Long Term Service Channel」(LTSC)のリリースに向けたもので、関連する「Windows Server Semi-Annual Channel」(「1809」リリースと呼ばれる見込み)向けでもある。

キャプション

 「Hyper-V Server」は、Windowsハイパーバイザと、Windows Serverドライバモデル、仮想化コンポーネントのみを搭載した「Windows Server」のスタンドアロン版だ。Build 17692に関する19日付けの同社ブログ投稿によると、Hyper-V Serverで用いられているハイパーバイザテクノロジはWindows Serverのロールにおけるものと同じであるため、「Windows Server 2016」の「Hyper-V」ロール上で利用可能な内容のほとんどはHyper-V Serverでも適用できるという。

 また、Build 17692には「System Insights」という、Windows Server 2019の新機能も搭載されている。この機能によって、Windows Serverのローカル環境にネイティブな予測分析機能がもたらされる。同社によると、ユーザーは同機能を用いることで、パフォーマンスカウンタやイベントのほか、容量予測、将来的なコンピュート/ネットワーキング/ストレージの使用予測など、Windows Serverのシステムデータをローカル側で分析できるようになるという。

 収集されたデータはすべて、Windows Serverインスタンス上で直接分析できるため、クラウドに接続する必要はない。System Insightsは「Windows Admin Center」(「Project Honolulu」)拡張を通じて、あるいは「Windows PowerShell」を通じて直接管理することができる。

 Windows Admin Centerについて述べると、同日付けでこの製品の新しいプレビュー版(「1806」)が利用可能になっている。また、新たな「Server Core App Compatibility」機能がオンデマンドで利用可能にもなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]