編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NTT Com、自社クラウドとGCPを組み合わせた新サービス

NO BUDGET

2018-06-25 10:04

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は6月20日、同社の企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」(ECL)、データセンターサービス「Nexcenter」と、Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」(GCP)を組み合わせたデータ分析ソリューションを提供開始すると発表した。

 この新サービスを利用することで、重要なデータをECLやNexcenterに蓄積し、対象データのみをGoogleの暗号化機能を利用しながらGCPに流通させ、機械学習などのサービスを活用できる。機械学習については、NTT Comがユーザーの用途に合わせてコンサルティングする。

 利用イメージとしては、製造ラインの品質改善による品質コストの削減やデジタルマーケティングへの活用が想定される。

データ分析ソリューションのイメージ
データ分析ソリューションのイメージ

 GCPへ流通させるデータについては、ETLツールを用いて加工や秘匿化を行う。

 また、Google Cloud Partner Interconnectの機能を活用し、NTT Comがクラウドコロケーション接続サービス「Software Defined Exchange Service」(SD-Exchange)を提供する。これにより、GCPとECL/Nexcenter間を最大1Gbpsでプライベート接続する。さらに、Google Cloud Dedicated Interconnectの機能を活用して、NTT ComがGCPとNexcenter間を10Gbpsでプライベート接続するメニューも提供される。

 GCPのロギングサービス「Enterprise Cloud Monitoring Logs」についてはNTT Comが提供する。これによりECLで運用するシステムのサーバログを可視化、分析することが可能となる。

 利用料金は個別見積り。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]