編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本取引所グループ、RPAツールの試験導入を終えて本格導入に着手

NO BUDGET

2018-06-28 06:00

 日本取引所グループは、2017年11月1日から実施していたRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の試験導入を完了し、今後、市場監視業務や各種申請業務を中心に、業務プロセスの見直しやオペレーションの高度化に着手する。同グループのRPAツールの導入、技術支援、ロボット開発におけるガバナンス体制の構築、ロボット開発の研修などの支援を行ってきた日本IBMが6月25日、発表した。

 同グループでは、業務プロセスに対する非常に高い品質が求められており、今回、全社で300を越える業務の棚卸しを行い、その中から、自動化対象業務を選定した。また、日本IBMの支援を受け、ツール開発者向けの技術研修や、利用部署の業務プロセス設計者向けの説明会を実施し、業務プロセスのデジタル化を進めている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]