編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ソリトン、SOC業務の自動化、効率化を図るプラットフォームを提供

NO BUDGET

2018-06-29 06:30

 ソリトンシステムズは6月26日、米Phantomと提携し、セキュリティ運用自動化の「Phantom platform」を提供する発表した。

 同製品は、セキュリティオートメーション・オーケストレーションプラットフォームと呼ばれるもので、マルウェアかどうかの判断を自動化し、セキュリティ製品間の連携を効率化させることで、これまで担当者が30分かかっていた作業を40秒に短縮できるようにする。

 同社では、6月より次世代型エンドポイントセキュリティソリューション「InfoTrace Mark II for Cyber Cloud」をPhantom platformにAppsとして提供する。これにより、SOC(Security Operation Center)など、多くのセキュリティ製品を活用する組織が、最小限の運用人数と負荷で最大限の効果をあげられることが期待できる。

「InfoTrace Mark II for Cyber Cloud」との連携イメージ図
「InfoTrace Mark II for Cyber Cloud」との連携イメージ図

 また、従来提供していた米LookingGlassの脅威情報サービスと「Phantom platform」を連携させるAppsの開発も行う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]