編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

三菱地所とSAP、東京・大手町に事業開発支援の新拠点

ZDNet Japan Staff

2018-07-02 13:33

 三菱地所とSAPジャパンは7月2日、東京・大手町の「大手町ビル」に日本最大級という事業開発支援の拠点「TechLab」(仮称)を11月に開設すると発表した。

 TechLabは大手町ビル6階に開設され、広さは約2000平方メートルを計画。SAPジャパンが3月に発足させた異業種コミュニティー「Business Innovators Network」に参画する企業や研究者、デザインファームなども入居する予定で、デザインシンキングスペースや動画撮影スタジオ、ラウンジやイベントスペースなども備えるという。

 両社ではファシリティ運営やデザインシンキングなどのプログラムを提供することで、新規事業の創出などに向けたコミュニティーを構築すると説明。施設にはコミュニティー管理者デザインシンキングの講師、SAPジャパンのスタッフが常駐し、SAPの事業開発支援ノウハウと三菱地所の設備を利用して、日本ならではのイノベーション創出を支援すると表明している。

「TechLab」(仮称)のイメージ(出典:SAPジャパン)
「TechLab」(仮称)のイメージ(出典:SAPジャパン)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]