編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

SMFLキャピタル、MAツール導入でマーケ施策の実行を迅速化

NO BUDGET

2018-07-03 07:25

 SMFLキャピタルは、マーケティングオートメーション(MA)ツール「Oracle Eloqua」を導入した。顧客のオンライン行動分析と効率的かつ迅速なキャンペーン施策の実行に活用する。日本オラクルが6月28日に発表した。

 SMFLキャピタルは、設備・資産リース業を展開する企業で、金融サービスのほかにもさまざま顧客サービスを手掛けている。

 これまで、一部のメーカー・販売会社の担当者向けに自社開発のマーケティングツールを利用して、キャンペーンメールの案内など定期的な情報提供を行っていた。しかし、キャンペーンのシナリオを変更する際に自社のIT部門に依頼する必要があり、キャンペーンの改善・実行までに時間を要していた。また、キャンペーンの分析に関してもリンクへのクリック数しか把握できず、横断的な分析を行えない、といった課題を抱えていた。

 Eloquaについては、マーケティング部門担当者がシナリオ変更や分析を行え、地域・業界別などの詳細なターゲティング、メール配信、メールの開封率など顧客のエンゲージメントの把握や分析を同じプラットフォーム上で管理できるという点を評価し、採用に至った。

 導入後は、メール配信準備や配信結果確認後のフォローアップまでのサイクルタイムが75%短縮された。また、配信対象を全国のメーカー・販売会社に拡大し、見込顧客に向けて、適切なタイミングに適切なメッセージを送るようになっている。同社は、今後はさらに利用対象者の範囲を拡大していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]