編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

Google CloudのCOO、ダイアン・ブライアント氏が退職--就任から1年未満で

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-07-04 10:39

 Google Cloudの最高執行責任者(COO)、Diane Bryant氏が退職したことを米ZDNetに認めた。Bryant氏の離職はBusiness Insiderが最初に報じたもので、Googleに入社してわずか7カ月でGoogleを去ることになる。

 Googleの代表者は声明文で、「Googleでの(Bryant氏の)貢献に感謝しており、次の仕事での成功を願っている」と述べている。

 Bryant氏は2017年にGoogleには入社したが、それ以前にはIntelに25年間以上勤務し、データセンターグループのトップを務めた経歴を持つ。Intelでは、約4年にわたって最高情報責任者(CIO)を務めた経験もある。GoogleがCIOに訴求し、エンタープライズ分野で売り上げを拡大する上で、Bryant氏の技術的な知識と顧客との協業における経歴が寄与するとみられていた。

 クラウドインフラ市場におけるリーダーはAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureと考えられているが、Google Cloud Platform(GCP)は、特に機械学習で差別化を図ろうとしており、CIOにとって実用的な選択肢とみなされている。Gartnerは2018年版のIaaSのマジック・クアドラントで、GCPを、AWSとAzureに続く「リーダー」カテゴリに位置付けていた。

Diane Bryant

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]