編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
日本株展望

中国景気は息切れか--上海株の下落は何を意味するか

ZDNet Japan Staff

2018-07-04 10:30

今日のポイント

  1. 上海株の下げは中国景気悪化を映したものか
  2. 中国のGDPは景気実態を表さない
  3. 李克強指数と生産者物価指数に中国景気の実態が表れている
  4. 中国関連株は売られ過ぎか

 これら4点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

上海株の下げは中国景気悪化を映したものか

 2018年に入ってから上海株(上海総合株価指数)の下げが目立つ。年初からマイナス15.7%と大きく下落。日経平均(年初来マイナス4.3%)、NYダウ(同マイナス1.7%)よりも下げが大きくなっている。

上海総合株価指数の動き:2017年1月3日~2018年7月3日

上海総合株価指数の動き:2017年1月3日~2018年7月3日

 好調だった中国景気が失速し始めているとの見方があり、上海株の下げにつながっている。米中貿易戦争が激化する懸念も上海株安につながっている。

 2016年後半から中国景気が力強く回復したことは、日本の景気に好影響を与えた。中国では、産業用ロボット、工作機械、ファクトリーオートメーション(FA)機器などへの投資を拡大する動きが顕著で、中国による「ロボット爆買い」と言われる注文が日本のロボット産業に出ていた。

 ところが貿易戦争への懸念もあって、足元では設備投資の勢いがやや落ちてきている。このまま中国景気が失速するのか、一時的な減速に過ぎないのかで見方が割れている。

 7月6日に米国が予告通り、対中制裁関税を発動すれば、中国も同額の対米報復関税を発動すると宣告している。そうなると、中国景気はさらにダメージを受ける。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]