編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NTTドコモ、5G利用のクラウド技術検証環境を構築

ZDNet Japan Staff

2018-07-05 16:00

 NTTドコモは7月5日、2020年に商用サービス化を予定している第5世代移動通信方式(5G)を利用したソリューション開発のための技術検証環境「ドコモ5Gオープンクラウド」を構築したと発表した。「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」の参加企業向けに、26日から提供する。

ドコモ5Gオープンクラウドの活用イメージ(出典:NTTドコモ)
ドコモ5Gオープンクラウドの活用イメージ(出典:NTTドコモ)

 ドコモ5Gオープンクラウドは、同社が4月に開設した5G技術検証環境「ドコモ5Gオープンラボ」とクラウド設備を直結したテレコムクラウドという技術検証環境。同社が開発する画像認識や人工知能(AI)エージェント基盤なども提供する予定で、ドコモ5Gオープンクラウドの参加企業はクラウド上で、自社ソリューションの検証や複数社によるソリューション開発などができる。5日時点では、物体検出や商品棚認識、ロボットやスピーカーなどに簡単な会話機能を付与するSDKなどの提供を明らかにしている。

 ドコモ5Gオープンクラウドには、NTTテクノクロス、ソニー、トレンドマイクロ、NEC、VMware、ワコムの6社も参加。検証環境は、VMwareベースのNEC製ハイパーコンバージドインフラ製品「NEC Cloud System」によるIaaSとして構築されている。

ドコモ5Gオープンクラウドの提供基盤(出典:NEC)
ドコモ5Gオープンクラウドの提供基盤(出典:NEC)

 NTTテクノクロスは5Gの大容量・低遅延特性を生かしたリッチコンテンツ・速報系対応型デジタルサイネージ、ソニーは次世代リアルタイム映像制作ソリューション、トレンドマイクロは仮想化ネットワーク機能によるセキュリティ対策、ワコムは遠隔操作による仮想現実(VR) 3D描画ソリューションをそれぞれ提供し、ドコモやプログラム参加企業との共同ソリューション開発にも取り組む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]