編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

画像からノイズを除去して鮮明にする深層学習技術、NVIDIAらが発表

Chris Duckett (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 編集部

2018-07-12 12:02

 映画や刑事ドラマに登場するコンピュータシステムが持つ重要な機能の1つに、ぼやけた画像を拡大しつつ、欠落している情報を補完するというものがある。NVIDIAとマサチューセッツ工科大学(MIT)、ヘルシンキのアールト大学の共同研究により、現実がフィクションの世界に少し近づいた。

 今回発表された論文「Noise2Noise: Learning Image Restoration without Clean Data」(Noise2Noise:ノイズのない元データを必要としない画像復元のための学習)によると、同論文内で著者らが「Noise2Noise」と呼んでいるシステムは、低照度環境下での写真や天体写真、MRI画像からノイズを除去したり、写真の上にかぶせられたテキストを、元の写真を必要とすることなく除去したりする目的で利用できる可能性があるという。

画像からテキストやノイズを除去するプロセス
画像からテキストを除去したケース(上)とノイズを除去したケース(下)
提供:同論文

 論文には「ノイズのない信号を参照することなく、元の信号を復元するという学習が可能であり、ノイズのない原本を用いた学習に近い、あるいは同じパフォーマンスを達成できる」と記されている。

 また、「(この信号復元モデルは)ノイズのない原本を利用する最先端手法とまったく同じ訓練手法を用いて、同等の結果を導き出せる。しかも、訓練時間やパフォーマンスに、感知できるレベルの悪影響をもたらさない場合もしばしばある」とも記されている。

 ただ「もちろん難点もある。入力データに存在していない特徴を捉えるような学習はできない。しかしそれは、ノイズのない原本を対象にした訓練でも同じことだ」とも記されている。

 NVIDIAによると、このシステムの訓練には「NVIDIA Tesla P100」GPUとディープラーニング(深層学習)フレームワーク「TensorFlow」を使用。画像データベース「ImageNet」の5万件の画像で訓練したという。

 この研究成果は今週、スウェーデンのストックホルムで開催中のカンファレンス「International Conference on Machine Learning」で発表される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]