編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

マイクロソフト、「Teams」の無償版を提供開始

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-07-13 08:23

 Microsoftが米国時間7月12日より、グループチャットプラットフォーム「Microsoft Teams」の無償版を提供開始したと発表した。

 Teamsの無償版は、「Office 365」のビジネス版に登録していなくても利用可能だ。また、Microsoftの電子メールアドレスで登録する必要はなく、任意の電子メールアドレスで利用できる。

 無償版は40の言語に対応している。Office.com/TeamsFreeより利用を開始できる。

 ユーザー数は300人までとなっており、中小企業での利用に適しているようだ。主な機能は、無制限のチャットメッセージと検索、個人、グループ、チーム間の音声およびビデオ通話、10Gバイトのチーム用ファイルストレージと1人あたり2Gバイトの個人用ストレージ、「Office Online」(ウェブ)アプリとの統合などだ。

Microsoft Teams
提供:Microsoft

 無償版では提供されない有料版のみの機能には、あらかじめスケジュールを設定した会議、「Microsoft Stream」によるミーティング記録、全ユーザーへの多要素認証の強制、ユーザーやアプリを管理するためのツールなどがある。無償版は、有料版へのアップグレードをユーザーに促す試用サービスとして意図したものであると筆者は考えている。

 さらにMicrosoftは、「Microsoft 365」でライブイベントなどを作成できる新機能を発表した。Microsoft によると、これらのライブイベント機能にはAIが搭載されて、スピーカータイムライン機能のほか、音声をテキストにするトランスクリプション、タイムコードとトランスクリプションの検索などの機能を提供するという。

 またMicrosoftは同日、「Microsoft Whiteboard」アプリを「Windows 10」を対象に一般提供したことを正式に発表した。Microsoftによると、「iOS」版は「まもなく」提供予定で、ウェブ版は近くプレビュー版が公開予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. windows-server

    伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書

  2. コミュニケーション

    在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例

  3. 運用管理

    3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説

  4. 運用管理

    3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?

  5. 仮想化

    なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]