企業買収

インテル、カスタムチップを手がけるeASICを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-07-13 10:07

 Intelは米国時間7月12日、カスタムチップを手がけるeASICを買収する計画を発表した。eASICはカリフォルニア州サンタクララに拠点を置いており、120人の従業員を抱えている。買収後、eASICのチームはIntelのプログラマブルソリューショングループに加わることになる。金銭的条件は非公表。

 Intelによると、eASICのチームが加わることで、パフォーマンスやコスト、電力消費、製品ライフサイクルの面でメリットがもたらされるとともに、テクノロジの迅速な展開が可能になるという。

 またIntelは、eASICの構造化ASIC製品を通じて、4G/5Gの無線ネットワークや、ネットワーキング、IoTのような市場セグメントでの成長も視野に入れている。

 Intelは長期的な計画として、IntelのFPGA(Field Programmable Gate Array)と構造化ASICを、Intelの「Embedded Multi-Die Interconnect Bridge」(EMIB:埋め込みマルチダイ相互接続ブリッジ)技術を活用して組み合わせ、パッケージソリューションとしてのシステムとすることで、新たなタイプのプログラマブルチップを生み出す機会につなげようとしていると述べた。

 eASICのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)であるRonnie Vasishta氏は、「eASICのテクノロジと、Intelの知的財産(IP)や能力が出会うことで、実績ある構造化ASIC製品を、かつて無かったような、さまざまなエンドアプリケーションや市場の至るところに配備できるようになる」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]