編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

「Windows Server/SQL Server 2008」サポートがAzure移行で無償延長に

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-07-13 11:52

 Microsoftは、「Windows Server 2008」「Windows Server 2008 R2」「SQL Server 2008」「SQL Server 2008 R2」の正式サポート期間の終了後も、ユーザーが無償でセキュリティアップデートを受け取れる方法を発表した。

キャプション

 ただし条件がある。ユーザーは、クラウドサービスの「Microsoft Azure」にワークロードを移行せねばならない。しかしユーザーによっては、実行可能な選択肢かもしれない。

 SQL Server 2008とSQL Server 2008 R2の延長サポートは2019年7月に、そしてWindows Server 2008とWindows Server 2008 R2は延長サポートが2020年1月に終了する。Microsoftがそれ以降、セキュリティ修正プログラムを提供するのは、有償のカスタムサポート契約を持っているユーザーか、これら製品のワークロードをAzureに移行することに合意するユーザーになるという。

 Microsoftは、米国時間7月15日より開催されるパートナー向けカンファレンス「Inspire」に先駆け、このAzure移行オプションを12日に発表した。同社はこれにより、クラウドソリューションプロバイダーに機会を提供できると考えている。

 この新しい延長サポートオプションの仕組みを説明しよう。Windows Server 2008/R2やSQL Server 2008/R2のワークロードをAzureに移行することに同意するユーザーは、さらに3年間、セキュリティアップデートを無償で受け取ることができる。つまり、Windows Serverは2023年1月まで、SQL Serverは2022年7月までとなる。延長サポート契約を購入するユーザーは通常、サポートが失効する製品の移行プランを提示する必要があるが、このオプションを利用する場合はその限りではない。

 延長サポートの終了期限までに、Windows Server 2008/R2とSQL Server 2008/R2のワークロードをAzureに移行できないユーザーは、セキュリティ更新プログラムのカスタム延長サポート契約を購入できる。その場合のコストは、製品のライセンス費用の75%になる。

 無償のクラウド移行オプションを選択するユーザーは、これら製品のワークロードを、Azureのオンプレミス版となる「Azure Stack」に移行することもできる。

 この3年間の無償サポート期間終了後、ユーザーはサポートを継続するための選択肢がいくつかある。例えば、Windows ServerやSQL Serverをより新しいバージョンにアップグレードすればよい。あるいは、クラウドに移したワークロードを仮想マシンに置いたり、アプリケーションをコンテナ化して、アップデートしたりすることが考えられる。

 このクラウドの新しい延長サポートオプションは、Microsoftが2016年に発表し、2017年より展開している「Windows Server Premium Assurance」および「SQL Server Premium Assurance」プランを置き換えることになる。Microsoftの関係者によると、Premium Assuranceプランは廃止されるため、同プランを購入したユーザーも、この新しいクラウドベースの延長サポートに移行するオプションが提供されるという。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]