編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入

NO BUDGET

2018-07-15 07:00

 三菱重工航空エンジンは、SAS Instituteの人工知能(AI)テクノロジを活用したIoTデータアナリティクスプラットフォームを導入した。

 同製品の導入により、データ準備・加工、機械学習を活用した高次元のモデルの開発/実行/管理を含む一連のアナリティクス・ライフサイクルを単一プラットフォームで実現できるようになる。

 三菱重工航空エンジンでは、主力製品である航空用エンジンのタービンブレードの需要が拡大しており、増産体制の確保だけではなく、生産効率向上のための業務プロセスの効率化・可視化が取り組まれてきた。そのため、個別にRFID(無線識別)タグをつけて生産工程を管理するのに加え、工作機械の設定情報データなどを組み合わせた統合的なデータ分析による品質管理と設備保全が課題となっていた。

 そこで、同プラットフォームを導入し、タービンブレードの溶接工程における品質予測モデルと、モデル開発にAI・機械学習機能のアルゴリズムを組み入れるようにした。これにより、予測の精度および安定性が高まり、従来よりも短い期間でモデルを作成し、各パーツを適時モニタリングし、適合を判定できるようになり、不良部品発生を低減することができる。

 また、燃焼器ケースの切削加工におけるチッピング (刃の欠損) の予兆検知も可能となり、ダウンタイムの低減も図ることができる。さらに、単一プラットフォームによりアナリティクス・ライフサイクル全体を回せる環境が整った。三菱重工航空エンジンではセンサーデータの分析などの分析業務を内製化し、リードタイムの短縮を見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]