編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

貿易戦争の不安緩和--日米で景気敏感株が反発、ナスダックは史上最高値

ZDNet Japan Staff

2018-07-17 11:30

今日のポイント

  1. 貿易戦争の不安緩和と、円安を好感して、先週の日経平均は大幅高
  2. 先週は、週前半に貿易戦争エスカレートの不安が高まり、週後半に不安が緩和
  3. NYダウは堅調、ナスダックは最高値

 これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

貿易戦争の不安緩和と円安を好感し、先週の日経平均は大幅高

 先週の日経平均は1週間で809円上昇し、2万2597円となった。米中貿易戦争の不安がやや緩和したこと、一時1ドル112.52円まで円安が進んだことが好感された。

日経平均週足:2017年7月3日~2018年7月13日

日経平均週足:2017年7月3日~2018年7月13日

 目先、売られ過ぎの景気敏感株の反発が続くことが予想される。日経平均はこれまで上値抵抗線として意識されてきた2万3000円が、次の節目として意識される。今後、米中貿易戦争が話し合いによって収束に向かうならば、節目を超えていく可能性も出てくるが、あっさり貿易戦争が収束に向かうとはまだ考えられない。貿易戦争の不安が解消しない限り、日経平均の上値は、2万3000円前後になると考えられる。

先週は、週前半に貿易戦争エスカレートの不安が高まり、週後半に不安が緩和

 先々週の金曜日、7月6日に、米国が360億ドル(約4兆円)相当の中国からの輸入品に制裁関税を課すと、中国も同額の米国からの輸入品に報復関税を発動した。事前に予告されていた通りの内容だったが、発動を回避できなかったことに失望が広がった。

 先週の火曜日、7月10日に、トランプ政権はさらに2000億ドルの中国からの輸入品に制裁関税を課す方針を表明し、その品目を公表した。これを受けて11日朝の日経平均は一時、大きく下がった。そこが、米中貿易戦争エスカレートの不安が最も高まった瞬間だった。

 11日に、中国高官が米中通商交渉の再開に意欲を示したと伝わると、そこから、貿易戦争の不安が緩和した。米中双方とも傷つく制裁・報復合戦は回避され、何らかの「落としどころ」に向けて、話し合いが再開される期待が広がった。

 先週後半は、貿易戦争の不安で売り込まれていた景気敏感株が、日米で買い戻された。米ナスダック総合指数は、13日に史上最高値を更新。日経平均は13日に外国人投資家とみられる先物買いによって、前日比409円高と久々に大きく上昇した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]