サイバー攻撃と地政学的状況の関係性にも注目を--ファイア・アイCTOの伊東氏

國谷武史 (編集部) 2018年07月20日 08時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FireEye 最高経営責任者のKevin Mandia氏
FireEye 最高経営責任者のKevin Mandia氏

 ファイア・アイは7月19日、都内で法人顧客向けのカンファレンスを開催し、米FireEye 最高経営責任者(CEO)のKevin Mandia氏ら同社首脳陣がサイバーセキュリティ動向について解説した。この中では、国家が関与する高度なサイバー攻撃における一般企業などの対応ポイントが取り上げられた。

 Mandia氏は、FireEyeが2013年に買収したセキュリティインシデント対応サービスを手掛けるMandiantの創業者で、これに伴って2016年からCEOを務める。従前のFireEyeは、企業などのIT環境に侵入する脅威を解析するための「サンドボックス」機器メーカーだったが、現在ではインシデント対応や脅威動向分析、ITシステムのセキュリティ診断など、広範なセキュリティサービスを提供していると説明する。

 同氏の取り上げるセキュリティ動向のトピックの1つが、「サイバー攻撃には地政学的状況が反映される」というもの。サイバー攻撃の脅威には、無差別に膨大なフィッシングメールを流通させるといったものや国家の支援を受ける組織による諜報活動など、さまざまな種類がある。地政学的状況が反映されるサイバー攻撃とは、国家の支援を受ける組織によるケースが多く、標的は敵対国家の政府機関や重要人物であり、一般の民間企業や組織とは無縁と捉えられがちだろう。

 Mandia氏によると、同社が常時観測している国家の支援を受ける組織の活動について、例えば、中国由来とされる組織は、2015年9月に中国の習近平国家主席と米Barack Obama前大統領が交わしたサイバー攻撃に関する協定を契機に、その活動を激減させたという。一方で2016年ごろからは、ロシアやイランが由来とされる組織による攻撃が台頭しているとした。米政府は、ロシアが2016年の大統領選挙でサイバー攻撃を行ったとの主張を続ける。イランとの関係では、5月にDonald Trump現大統領が核合意からの離脱を表明したことで、サイバーセキュリティへの影響も注視される。

FireEyeが監視を続ける中国由来とされる攻撃者組織の活動状況の推移(2013年2月~2016年5月)。米中が協定を交わした2015年を境に大きく減少したという
FireEyeが監視を続ける中国由来とされる攻撃者組織の活動状況の推移(2013年2月~2016年5月)。米中が協定を交わした2015年を境に大きく減少したという

 こうした状況の中で同社は、最新の分析情報として「Sandworm Team」と呼ばれる組織が、日本の物流業界の企業に対してサイバー攻撃を行ったようだと発表した。Sandworm Teamは、主にロシアと敵対関係にある国の組織や企業のシステムを破壊する攻撃を繰り返しているといい、過去にはウクライナで大規模停電を引き起こしたとされる。

 過去のSandworm Teamの活動傾向から、日本企業に対する攻撃の目的は破壊行為が想定されたものの、同社は日本とロシアの間で北方領土問題などが存在するものの、少なくとも経済面などからは比較的安定した関係にあるとして、攻撃の目的は日本を通じた第三国の情勢を探る諜報活動である可能性が高いと分析している。

ファイア・アイ 最高技術責任者の伊東寛氏。7月1日付で就任した
ファイア・アイ 最高技術責任者の伊東寛氏。7月1日付で就任した

 ただ、Sandworm Teamの活動目的が仮に第三国の諜報だとしても、日本企業に影響が及んでいる。陸上自衛隊出身で5月まで経済産業省の大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官を務めたファイア・アイ 最高技術責任者の伊東寛氏は、個人の見解として、2017年にロシア政府がサイバー部門を強化したという動きから、今回の攻撃が同国による諜報活動の拡大の一環との見方を示す。

 政府の軍事組織は、たとえ関係国と良好状態にあっても相手の弱点を探る活動を常に行っているという。例えば、空軍が相手国の領空に迫り、相手国の空軍が緊急発進で対応するまでの時間を測るといったケースがあると解説する。

 伊東氏は、国家の関与する攻撃活動が民間レベルでは対処し得ないほどの高次の脅威だと解説。民間の企業や組織は、実際にその影響を受ける可能性があることを認識し、状況によっては政府の支援を受ける必要性もあると話す。

 加えて、上述した軍事組織が行う相手の弱点を探るような活動は、一般の企業や組織を標的にするサイバー攻撃でも同様だと解説。企業や組織のセキュリティ対策では、網羅的に取り組むよりも、自組織が致命的な状況に陥る弱点を正確に把握し、その弱点の防御を最優先に取り組むべきとアドバイスしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]